Google のサービス

Google は、人々とビジネスのための多種多様なサービスを提供しています。ここでは、Google が提供するサービスについて簡単に紹介します。

Google の共同創設者のラリー・ペイジはこう述べたことがあります。「完璧な検索エンジンとは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズにぴったり一致するものを返すエンジンである。」この発言以来、Google は成長を続けて検索以外のサービスも提供するようになりましたが、ラリーの言葉の真意は変わりません。検索から Chrome、さらに Gmail に至るまで、Google のすべてのテクノロジーに共通する目標は、ユーザーができる限り簡単に、求めている情報を見つけられ、すべき作業を完了できるようにすることです。

つまり、検索をさらに賢く高速にするということです。そうすれば、キーボードから「ジャガー」と入力されたときに、ユーザーが探しているのが動物の写真ではなく、自動車であることを理解できます。また、ユーザーの友だちがある広告や検索結果を気に入ったことをユーザー本人に知らせます。それは、ユーザー本人にとっても有益かもしれないからです。Google は、サービスを直感的に利用できるように設計します。たとえば、Gmail の連絡先に登録した人とドキュメントを共有できるので、コピー&ペーストは不要になります。また、パソコンの Chrome ブラウザで開いたのと同じタブが Android 搭載端末でも開きます。Google のサービスがもっと良いものになれば、人々は自分の好きなこと、たとえば、家族と楽しく過ごす、大自然の中でのキャンプ、油絵、パーティーなどにもっと時間を費やせるようになります。まだ達成できてはいませんが、Google は実現を目指しています。

Google の全サービス一覧 »

Google がビジネスのためにしていること

Google が提供する多様なツールは、ウェブ上でもウェブ以外でも、種類を問わずあらゆるビジネスを支援します。これらのプログラムは、Google 自身のビジネスのバックボーンでもあり、世界中の起業家やサイト運営者のビジネス成長にも貢献しています。Google の広告プログラムは、シンプルなテキスト広告からリッチメディア広告に至るまで、企業が顧客を見つけるのに役立つと同時に、サイト運営者がコンテンツから収益を得る手段となります。Google はビジネス向けのクラウド コンピューティング ツールも提供しており、組織のコスト削減と生産性向上を支援しています。

ビジネス向けの全サービス一覧 »

Google がウェブのためにしていること

Google はサービスを開発するにあたって、ウェブがより良いものになり、その結果としてウェブでのユーザー体験がより良いものになるようにという願いを込めています。Chrome や Android のようなサービスでは、ユーザーがオンラインで行う作業を簡単に、すばやく完了できるようにしたいと考えています。また、「オープンなウェブ」にも力を入れており、多様なプロジェクトに参加しています。そのねらいは、開発者が気軽にオンライン エコシステムに貢献できるしくみを作り、ウェブをさらに前進させていくことです。また、資源を効率的に使用し、再生可能エネルギーをサポートすることで、環境にやさしいウェブを作ることに取り組んでいます。Google が登場したころと比べると、ウェブは途方もない進化を遂げていますが、Google の信念において一つだけ変わらないことがあります。それは、インターネットそのものが持つ無限の可能性です。