学生の採用に YouTube 動画広告でアプローチ。企業名検索が 30 倍以上、応募数が大幅にアップ。

株式会社 光通信

http://www.hikari.co.jp/

日本や世界の商品、サービスをお客様に届けるディストリビューター企業である同社。求める人材に「若い力を信じる」という採用理念をダイレクトに伝える手段として YouTube 動画広告を活用しました。ターゲットとする学生を綿密に設定しアプローチすることで、応募数が大幅に増加しました。

課題・背景

これまで同社は、採用活動の一環として海外での合同説明会に参加してきましたが、海外での知名度が低く、求めているような意欲ある優秀な学生にはなかなか出会えないのが現実でした。そこで、海外の学生に対して企業の認知度を向上し、ダイレクトに企業の魅力を伝えられる方法を探していました。

海外の優秀な人材を採用したい
海外の優秀な人材を採用したい

解決策

「若い力が活躍できる企業」という同社の魅力を伝えるメッセージ性の高い動画を作成し、YouTube で公開しました。求める人材に的確に情報が届くよう、Google の持つデータを活用。ターゲットとする学生が企業について最もアクティブに情報収集する時期に、求める学生がいると考えられる大学周辺や年齢を絞り、就職・インターンや日本に関心がある層に動画広告を配信しました。

ターゲットを絞って広告を配信
ターゲットを絞って広告を配信
キーワード「Internship」の検索動向
キーワード「Internship」の検索動向

結果

それまでほとんどなかった企業名による検索がそれまでの 30 倍を超えました。それに伴いインターンシップへの応募数も大幅に増加し、企業名での検索の増加が応募数の向上に大きく貢献していることがわかりました。ターゲットを綿密に分析し、ダイレクトに働きかけることで求める人材のアクションを促すという、新しい採用活動で高い成果をあげることができました。

企業名検索数と応募数の連動
企業名検索数と応募数の連動

「動画広告によって企業名検索が増加しただけでなく、応募数もその増加に連動することが今回の取り組みでよくわかりました」
(株式会社光通信 管理本部 新卒採用課 神田 麻里 様)
「私たちのように認知度が高くない企業でも、Google のデータを活用し、ターゲットを綿密に分析してアプローチすることで、求める優秀な学生が自ら行動を起こしてくれました。」(株式会社光通信 管理本部長室 統轄部長 大嶋 敏也 様)

株式会社光通信のチーム写真
左:管理本部 新卒採用課 神田 麻里様 右:管理本部長室 統轄部長 大嶋 敏也様
この事例の PDF をダウンロード

ご相談窓口

まずは貴社の課題や要望を Google までお聞かせください。
以下のご相談フォーム、お電話、eメールからお問い合わせいただけます。

電話 0120-964-889 ※受付時間 10 時~17 時 (土日祝日除く)