株式会社マルギン

新店告知でオンライン広告を活用し、折込チラシの 1/10 の予算で集客を実現

株式会社マルギン

山口県を中心に 3 店舗のアミューズメント施設を運営するマルギン。これまで折込チラシで店舗集客を行っていましたが、大阪地域への新規出店に際して、Google のオンライン広告を利用。来店者に行ったアンケートからは、折込チラシと同程度の集客効果を 1/10 の広告予算で実現していたことがわかりました。

課題・背景

店舗集客には折込チラシを長年利用していた同社。若年層を中心に新聞購読率が低下していたため、大阪への新規出店時には、折込チラシを見ていない層にもオープン告知ができる方法を模索していました。同時に、これまで効果を測ることが困難だったチラシについて、会員アンケートによる効果検証を試みました。

解決策

店舗のオープンをわかりやすく伝えるために、タレントを起用した動画を作成し、新規出店エリアである大阪市内のユーザーにYouTube 広告を配信しました。特に新聞の購読率が低い若年層に対しては、関連するサイトにイメージ広告を配信し、さらに検索キーワード(「〇〇+地域名」「〇〇オープン」など)に対しても広告を配信することで新店オープンを幅広く告知しました。

結果

オンライン広告はこれまで利用実績がなかったため、まずは折込チラシの 1/10 の予算におさえて実施しました。実際の来店者へのアンケートを行ったところ、結果として約 1/3 の人がオンライン広告をきっかけに来店しており、チラシとほぼ変わらない集客実績につながっていることがわかりました。

株式会社マルギン

「オンライン広告は、地域を限定し、かつ広告規制に対応しながら柔軟に広告を配信する手法として、私たちの業態にフィットすることがわかりました。特に動画広告は 1 表示あたりの費用が 1 円以下で、15 秒以上の再生でも 7 円程度と、折込チラシと比較して安い金額でターゲット層にオープン告知を行うことができました。今後とも新規出店の際には積極的に活用していきたいと考えています。」(株式会社マルギン 朴 様)

この事例の PDF をダウンロード

ご相談窓口

まずは貴社の課題や要望を Google までお聞かせください。
以下のご相談フォーム、お電話、eメールからお問い合わせいただけます。

電話 0120-964-889 ※受付時間 10 時~17 時 (土日祝日除く)