YouTube 広告の活用が小売店への営業活動の追い風に

常盤薬品工業株式会社

テレビ CM で商品ブランディングを行ってきた常盤薬品工業。より的確なターゲットへのリーチを狙い、YouTube 広告を使った商品訴求にシフト。その結果、開始 3 か月で広告費用対効果が 2 倍に。さらに、YouTube 上での再生回数が小売店への営業活動の武器に。

課題・背景

資本力や広告投下量にまさる競合他社に比べ、限られた予算の中でいかに効率的に商品認知を向上するかが課題となっていた同社。さらなる売上拡大に向けて、より効率的に商品認知を獲得するための方法を模索していました。

解決策

既に YouTube で公開していた動画コンテンツを活用し、商品のターゲット層である 20 代に絞り込んで、YouTube 広告を配信しました。また、一度サイトに訪れたユーザー、つまり自社商品に興味を持った可能性のあるユーザーに対して、繰り返し YouTube 広告を配信することで、テレビ CM と同様のすりこみ効果を生み出すことも狙いました。

結果

本取り組みの結果、動画広告の再生回数は 順調に伸び、わずか 3 か月で費用対効果が 2 倍に上昇しました。また、この YouTube での動画再生回数は、小売店への営業活動においても非常に有効な交渉材料となりました。

ご相談窓口

まずは貴社の課題や要望を Google までお聞かせください。
以下のご相談フォーム、お電話、eメールからお問い合わせいただけます。

電話 0120-964-889 ※受付時間 10 時~17 時 (土日祝日除く)