2012 年の受賞作品 「100 年先の未来」

全国から 10 万点を超える作品もの応募がありました。未来を担う子供たちの将来が楽しみな、素晴らしい作品ばかりでした。

グランプリ受賞作品

Next Our Home

Next Our Home

加藤 鮎美 神奈川県 神奈川県立大船高等学校 2 年

※高校生部門賞も同時受賞

部門最優秀賞受賞作品

小学校 1〜3 年生部門
うちゅうじだいがくるぞ

うちゅうじだいがくるぞ

竹本 遥希 熊本県 多良木町立黒肥地小学校 2 年
小学校 4〜6 年生部門
世界中の人々が仲よしな未来

世界中の人々が仲よしな未来

鈴木 友也 東京都 八王子市立第八小学校 5 年
中学生部門
Frontier Spirit

Frontier Spirit

竹森 健人 宮崎県 宮崎市立赤江中学校 1 年

特別賞受賞作品

はたらくロボット

はたらくロボット

松田 敏志 千葉県 木更津市立西清小学校 2 年
地球と月をつなぐジェットコースター

地球と月をつなぐジェットコースター

加藤 なつめ 茨城県 つくば市立二の宮小学校 6 年
わたしの誕生日

わたしの誕生日

島内 侑乃 愛媛県 愛媛県立南宇和高等学校 2 年

地区代表作品

うちゅうのはなばたけ

沖 美里, 岡山県 岡山市立御南小学校 1 年

うちゅうのはなばたけ

未来になったら宇宙の星にも地球と同じような、とてもきれいな花畑ができるといいな。

こんな鳥や小人たちがいたらいいな

渡邊 咲楽, 東京都 町田市立小山小学校 3 年

こんな鳥や小人たちがいたらいいな

鳥のすべりだいや鳥がおりているところ、小人のふくのさまざまな色がポイントです。

カラフルな大きなおうち

熊谷 侑哉, 群馬県 伊勢崎市立殖蓮第二小学校 1 年

カラフルな大きなおうち

青くて高い山のふもとに、自然に囲まれたカラフルで大きな家をイメージしました。 黄色のドアをくぐると、12 人と馬 1 頭の大家族が住んでいます。 大家族は時折ケンカもするけど、ふだんはとても仲良しです。

みんながワクワクタウン

阪田 結子, 大阪府 茨木市立穂積小学校 3 年

みんながワクワクタウン

この町は、子どももお年よりも犬もうちゅう人もトランプ人間もみんな、みんな楽しくすごせる町です。子どもも車が運てんできてボタン一つおしただけで自分のすきなところへ行けます。ワクワクがいっぱいです。

うちゅうじだいがくるぞ

竹本 遥希, 熊本県 多良木町立黒肥地小学校 2 年

うちゅうじだいがくるぞ

100 年たったら、ちきゅうとどせいがちかくになって(うごかして)すぐいけるようになっています。月もどせいもほかのほしもいきたくなったら、しゅんかんいどうですぐいけます。

ルンルン車いす

林 優希, 奈良県 吉野町立吉野小学校 3 年

ルンルン車いす

みんなで車いすで、ルンルン♪気分でお散歩しているところを描きました。 いろんな大きさのタイヤの車いすの絵ができました。さいごのeを洋服リボンにしてみました。

楽しい! みらい小学校

本間 大煌, 山形県 鶴岡市立朝暘第六小学校 2 年

楽しい! みらい小学校

長いスライダーやニ階建てのプールと体育館があって遊園地のような楽しい学校です。 太陽光発電用パネルや風車などエコ資源対策で自然との共存もはかっています。でも、大きな桜の木が今も未来も変わらず見守ってくれています。

はたらくロボット

松田 敏志, 千葉県 木更津市立西清小学校 2 年

はたらくロボット

未来には、いろいろなロボットがつくられ、わたしたちの生活を助けてくれると良いなと 思って描きました。迷路みたいなロボット、人型ロボット、カラフルなロボット…いろいろなロボットがいると楽しいです。

未来の空とぶ電車

山口 千尋, 新潟県 見附市立葛巻小学校 3 年

未来の空とぶ電車

空をとびながら、本を読んだりねむったりして楽しく旅ができます。 ボタンをおすとパラシュートが出て、空をながめてゆっくり下ることができます。

時を越える電車

横内 零, 山梨県 山梨学院大学附属小学校 3 年

時を越える電車

ぼくの考える未来は、時間を行ったり来たりする電車が町の中を走っています。 駅の名前は「3 日後」や「7 時間前」。少しだけ過去や未来に行くことができます。

  • うちゅうのはなばたけ
  • こんな鳥や小人たちがいたらいいな
  • カラフルな大きなおうち
  • みんながワクワクタウン
  • うちゅうじだいがくるぞ
  • ルンルン車いす
  • 楽しい! みらい小学校
  • はたらくロボット
  • 未来の空とぶ電車
  • 時を越える電車

地球と月をつなぐジェットコースター

加藤 なつめ, 茨城県 つくば市立二の宮小学校 6 年

地球と月をつなぐジェットコースター

Google の文字をジェットコースターのレールにし、100 年後、地球(日本)から月まで ジェットコースターで行けたらいいなと思ってかきました。背景は広がる宇宙をイメージして、UFOと「+」マークをかきました。「+」のマークは、キラキラ見えるようにぎっしりしきつめました。

わすれられないきょうりゅうたち

蓑原 正宗, 群馬県 邑楽町立長柄小学校 5 年

わすれられないきょうりゅうたち

ぼくはこの絵で骨の部分を強調しました。しかし、恐竜の骨なんて、かいたことがなかったので、とてもてこずりましたがぼくの自信作です。

100 年後の「算数の教科書」

佐藤 春佳, 静岡県 富士宮市立大富士小学校 6 年

100 年後の「算数の教科書」

私は算数があまり得意ではないので、100 年後の算数はむずかしいのかなと思いかきました。私の想像する算数の教科書は、カラフルで楽しそう、でも計算は細かくて、ややこしくて、とてもめんどくさいと思うので、100 年後は、この教科書より、カンタンだといいなと思います。

世界中の人々が仲よしな未来

鈴木 友也, 東京都 八王子市立第八小学校 5 年

世界中の人々が仲よしな未来

今でも、世界中で戦争がたえません。100 年後には、戦争がなくなって世界中の人々が 手をつなげるような世の中になると良いなと思って描きました。

戦争のない平和な地球

丹田 葵, 山口県 下関市立桜山小学校 6 年

戦争のない平和な地球

世界中の人みんなで戦争をやめ、兵器の必要ない地球をつくりあげていきたいです。

幸せなおばあちゃん

富田 萌葉, 石川県 金沢市立杜の里小学校 6 年

幸せなおばあちゃん

私は歳をとっても誰からも愛され、信頼されるおばあちゃんになりたいです。100 年後も、周りの人みんなに誕生日をお祝いされ心のこもったプレゼントをもらいいつまでも幸せに長生きしてくらせたらいいなと思ってかきました。

100 年後の深海

坂 哲平, 広島県 廿日市市立大野東小学校 5 年

100 年後の深海

今、いない魚や生物を新たな魚や生物としてかいたところ。まわりを黒くして、魚や生物 がわき出てくるように、きれいになるようにかいたところ。魚や生物を、カラフルにかいたところ。

生き物の気持ちが知りたい

本間 巳結, 千葉県 日出学園小学校 5 年

生き物の気持ちが知りたい

私は以前、猫を飼っていましたが、なくなってしまったので、その時の気持ち、思いを 知りたかったなと思い、この Doodle にしました。I のリモコンで G と O の機械を動かして動物と話しができます。機械のデザインに注目してください。

雲の上のお昼ね

前田 諒飛, 奈良県 三郷町立三郷北小学校 4 年

雲の上のお昼ね

かがくがはったつして、飛行機で、空まで行きます。雲の上まで来たら、スプレーをかけてふわふわの雲の上でお昼ねをしたりできる未来にしたいです。

宇宙飛行士になって宇宙で遊ぶ

見谷 幸生, 大阪府 河内長野市立美加の台小学校 4 年

宇宙飛行士になって宇宙で遊ぶ

だれでも自由にスペースシャトルで宇宙に行けるような未来になってほしい。いろんな 宇宙人に会いたい。

  • 地球と月をつなぐジェットコースター
  • わすれられないきょうりゅうたち
  • 100 年後の「算数の教科書」
  • 世界中の人々が仲よしな未来
  • 戦争のない平和な地球
  • 幸せなおばあちゃん
  • 100 年後の深海
  • 生き物の気持ちが知りたい
  • 雲の上のお昼ね
  • 宇宙飛行士になって宇宙で遊ぶ

宇宙にうかぶ虹色 3D

市山 翔大, 大阪府 大阪市立淀中学校 1 年

宇宙にうかぶ虹色 3D

今の世の中、テレビ画面は 3D、映画も 3D、4Dの世界。そして、宇宙や月にも行ける 現状。その宇宙と 3D を組み合わせ、虹色に輝く近未来のイメージができあがりました。

明日を今日へ…、続くために

森 彩, 北海道 安平町立追分中学校 3 年

明日を今日へ…、続くために

この作品は、100 年後に「新薬開発」がされたくさんの人々が助かってほしいといいう思いで作りました。Google の「o」「o」のところで消えかけた命が薬によって助かり、ウィルスが消えていく。次の日になれば明日は今日になる。そんな日々を続けるために新薬が必要というのを表現しています。

ついに出現!?宇宙人似のロボット

草薙 華, 千葉県 鴨川市立鴨川中学校 2 年

ついに出現!?宇宙人似のロボット

私は、100 年後にはもっともっとロボットが進化していると思います。人間に似たロボットではなく、あえてマンガにでてくるようなロボットにしました。“宇宙人が出現するかもしれない”と“ロボットの進化”を組み合わせこの作品ができ上がりました。

再生可能エネルギーに託す未来

久保田 博己, 東京都 足立区立江北中学校 3 年

再生可能エネルギーに託す未来

100 年後には、原子力発電所や、火力発電所などの地球環境に悪影響が及ぶ発電所 を全廃して、自然のエネルギーだけで人間の必要なエネルギーがまかなえる世界になっ ているということをイメージしてかきました。

Space Ship

越場 貫十郎, 岩手県 盛岡市立仙北中学校 3 年

Space Ship

この作品は宇宙船をイメージしてつくりました。宇宙船にした理由は、新しい世界を目指し、宇宙を旅する、そんな未来になってほしいと思ったからです。気にいっているのは宇宙船についているエンジンのところや、砲台のところです。細かいところまでかけているところも気にいっています。

宇宙に広がるみんなの未来

佐藤 秀亮, 徳島県 徳島市立上八万中学校 1 年

宇宙に広がるみんなの未来

月にも豊かな社会が広がっていたらいいなと思ってこれを描きました。

100 年先に残したいモノ

鈴木 麻耶, 愛知県 愛知教育大附属岡崎中学校 1 年

100 年先に残したいモノ

この Doodle は世界的に減少傾向にあるマングローブをモチーフに描きました。 多くの生物のすみかであるマングローブ林を守り、100 年先にも地球の自然のすばらしさ を残したいという気持ちが見る人にも伝わっていくといいと思います。

Frontier Spirit

竹森 健人, 宮崎県 宮崎市立赤江中学校 1 年

Frontier Spirit

タイトルの「Frontier Spirit」とは日本語の「開拓者精神」を示します。この作品は現代の人たちの「開拓者精神」によって、機械都市と大自然の融合。そして、花火などの伝統。 ホタルやキリン、ゾウなどの生命体。野菜などの食料も豊かな未来が切り開かれたことを 描いています。

Back to the nature

多田 裕亮, 大阪府 大阪市立淀中学校 2 年

Back to the nature

これは人類が滅亡して 100 年たった様子を描いた作品です。人類がいなくなった後も 生命の営みは続けられ、アスファルトの地面はわれて川ができ、地球は元の自然な 姿に戻っていく...。

遊び心の発達

辻村 亜弥, 三重県 伊勢市立宮川中学校 3 年

遊び心の発達

100 年先、今現実にできない事が、現実になっていれば良い。

  • 宇宙にうかぶ虹色 3D
  • 明日を今日へ…、続くために
  • ついに出現!?宇宙人似のロボット
  • 再生可能エネルギーに託す未来
  • Space Ship
  • 宇宙に広がるみんなの未来
  • 100 年先に残したいモノ
  • Frontier Spirit
  • Back to the nature
  • 遊び心の発達

ひととき

小原 ゆめ, 北海道 札幌北陵高等学校 3 年

ひととき

女の子が木といっしょに長い時間を過ごす様子です。 一本の木が立派に育つのにおよそ 100 年、人と木のひととき。

動物と話せる日常

安吉 知紗都, 東京都 東京都立千早高等学校 3 年

動物と話せる日常

100 年後には動物と人間が普通に会話ができる世界があるのではないかなと思いこの作品をつくりました。

Next Our Home

加藤 鮎美, 神奈川県 神奈川県立大船高等学校 2 年

Next Our Home

いつの日か人類がほかの星に進出して電車で気軽に行き来出来るようになったらと思い、形に描いてみました。 帰りに見える美しい地球を「私たちのふるさと」として忘れずにこれから先未来もずっと守り続けてほしいです。

まだ見ぬ生き物が生息中

櫻井 悠理, 大阪府 好文学園女子高等学校 1 年

まだ見ぬ生き物が生息中

まだ発見されていない生物がいる。全体的に、むらさき。

わたしの誕生日

島内 侑乃, 愛媛県 愛媛県立南宇和高等学校 2 年

わたしの誕生日

私は 100 年先の未来と聞いて、100 年後の自分を想像しました。もとのGoogleのカラーを使って絵本のような雰囲気を目指して描きました。表情はもちろん、体でも 1 人 1 人の性格や個性が出るようにしました。

未来都市

堂本 悠貴, 兵庫県 神戸学院大学付属高等学校 1 年

未来都市

この絵はグーグルによって今よりもっとつながる世界(街)をイメージしました。

宇宙に住む海

原 美波, 静岡県 静岡県立韮山高等学校 1 年

宇宙に住む海

地球人の永遠の憧れである宇宙と、生命の誕生した海とが共存したら、どんなに幻想的なんだろうと心が躍ります。百年後、宇宙と海の生物が悠々と暮らしているのを、家族旅行で見に行けるようになればいいなと思います。

動物みんなでつながる世界

星 美沙子, 宮城県 宮城第一高等学校 1 年

動物みんなでつながる世界

100 年後の未来は、領土問題や紛争で争わず、人も含めた全動物が通じ合う世界になっていればいいなと思って描きました。 6 文字で、アジア・ヨーロッパ・北極・アメリカ・オセアニア・アフリカの動物と人を表現しました。

100 年後の栽培方法

松村 彩香, 沖縄県 沖縄県立浦添工業高等学校 1 年

100 年後の栽培方法

100 年後の未来では、植物の栽培方法も発達し、機械だけで植物を育てられるようになっていると思います。その様子を想像して描きました。

ムダのないエネルギー

宮嶋 剣朗, 愛知県 愛知工業大学名電高等学校 3 年

ムダのないエネルギー

100 年後の未来ではムダのないエネルギー機関が開発されていると思います。黄色がエネルギーで、黄色の矢印に従って流れ、e の部分で動力となります。赤色は廃棄物を示しており、G の部分でエネルギーに変換されて再利用される技術を表しています。

  • ひととき
  • 動物と話せる日常
  • Next Our Home
  • まだ見ぬ生き物が生息中
  • わたしの誕生日
  • 未来都市
  • 宇宙に住む海
  • 動物みんなでつながる世界
  • 100 年後の栽培方法
  • ムダのないエネルギー

審査員奨励賞を特設しました

代表作品に選出されなかった作品も、とても素晴らしいものでした。その中からいくつかの作品を Google の審査委員会と特別審査員で協議のうえ、審査員奨励賞として表彰することにしました。

  • グローバル化 永山 ちひろ, 福島県立会津学鳳中学校 3 年
  • 鈴木 暁子, 埼玉県立松伏高等学校 3 年