Google の歴史: ガレージから Googleplex へ

Google の歴史は 1995 年にスタンフォード大学で始まりました。ラリー ペイジがスタンフォード大学院への進学を考えていたとき、彼にキャンパスを案内することになったのがサーゲイ ブリンでした。2 人は初めて会った頃は意見がほとんど合わなかったそうですが、数年後には共同経営者となりました。寮の部屋を仕事場として、リンクを使用して個々のウェブページの重要性を判断する検索エンジンを作成しました。この検索エンジンは当初、Backrub という名前でした。

まもなく、Backrub は Google(phew)という名前に変わりました。1 の後にゼロが 100 個並んだ値を表す「googol(ゴーゴル)」という数学用語をもじったもので、ラリーとサーゲイの「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」という使命にふさわしい名前です。

その後数年間で、Google は研究機関のみならず、シリコンバレーの投資家たちの注目も集めるようになりました。1998 年 8 月、サン マイクロシステムズ社の共同創始者であるアンディ ベクトルシャイム氏が 10 万ドルの小切手をラリーとサーゲイに発行しました。Google Inc. の正式な誕生です。この投資をきっかけに、新たに法人組織となったチームは寮から初のオフィスへとアップグレードしました。カリフォルニア州郊外メンローパークにあるスーザン ウォジスキ(社員番号 16 で、現在は YouTube の CEO)所有のガレージです。決して洗練されているとはいえないパソコン、卓球台、鮮やかな青いカーペット。朝早くから夜遅くまで過ごす場所ができあがりました(カラフルにするという伝統は今日まで続いています)。

レゴでできた最初のサーバーから 1998 年の初めての「Doodle」まで、Google では創業時からあらゆることが型にはまらない形で展開しました。初めての「Doodle」となった棒線画のロゴは、スタッフ全員がバーニング マン フェスティバル参加のため不在になることをサイトの訪問者に伝えるものでした。また、「Don't be evil(邪悪にならない)」というスローガンと「Google が掲げる 10 の事実」は、あえて型にはまらないという Google の理念を表しています。その後数年で、エンジニアの採用、営業チームの構築、初めてのオフィス犬、ヨシュカの誕生などを経て、会社は急成長を遂げました。Google はガレージから抜け出して、最終的にはカリフォルニア州マウンテンビューにある現在の本社(Googleplex)に移転しました。Google には他社とは異なる方法で行動を起こすという理念があり、ヨシュカをオフィス犬として迎えたのもその 1 つでした。

より良い解決策への飽くなき追求は Google のあらゆる取り組みの柱であり続けています。今や、Google は 50 か国に 60,000 名を超える従業員を抱え、世界中の数十億ものユーザーに YouTube、Android から Smartbox、そしてもちろん Google 検索まで、数百というプロダクトを利用していただいています。レゴで作ったサーバーはその役目を終え、オフィス犬は数頭ほど増えましたが、世のためになるテクノロジーを構築するという情熱は、寮の部屋から、ガレージ、そして今日に至るまで、私たちと共に生き続けています。

トップへ戻る