Google AdSense
BuyMa

染谷昌利(そめや まさとし)
2003 年頃より趣味でウェブサイトの運営を開始。独学でサイト構築を学び、趣味系サイトを立ち上げる。2010 年NTT ドコモのスマートフォン Xperia の購入体験などをまとめた「Xperia非公式マニュアル」が平均 2~3 万 PV / 日を数える人気サイトに成長し、注目を集める。ユニークユーザー数は 7000 〜 9000 人 / 日。

Xperia非公式マニュアル
http://someya.tv/xperia/
出演者:
Xperia / GALAXY S / IS03 非公式マニュアル 管理人

PDF をダウンロード

成功事例

Android 携帯の購入体験記が、1 日 平均 2 〜 3 万ページビューを集める人気サイトに! DFP スタンダードを使って、アフィリエイト広告と AdSense の表示頻度を最適化し さらに収益力を高めています
– Xperia 非公式マニュアル

BuyMa 「旅行や関心事、自分の経験を全部カタチにしたい」と2003 年頃からブログやウェブサイトの運営を続けてきた「Xperia 非公式マニュアル」の染谷昌利さん。 これまで 50 以上のサイトを作ってきましたが、 2010 年に立ち上げたスマートフォンの購入体験記が開始直後から数千単位のアクセスを集めたことをきっかけに、本気で収益化を目指そうと考えました。
現在は Google AdSense (以下、AdSense) による安定収益を獲得。サイト運営や趣味のための資金にすることができているそうです。

導入の経緯: Xperia (TM) 発売当初、アフィリエイト商材がなく AdSense だけだった

無料ブログサービスを利用して趣味系サイトを立ち上げ、アフィリエイトや PPC (ペイパークリック)広告に幅広くトライしてきたという染谷さん。
「お小遣い稼ぎ程度に何となく広告を貼っていた期間が長かったのですが、 「Xperia 非公式マニュアル」 を作ってから世界が変わりました」と語っています。

「Xperia 非公式マニュアル」 は、画像付きの詳しい操作方法や役立つ Android アプリケーションの紹介、スマートフォンの関連ニュースなどを、染谷さんがユーザー視点で書き下ろしているサイトです。 2010 年 4 月 Xperia の発売日に合わせて公開したところ、わずか 2 〜 3 日で 1 日あたり 2,000 〜 3,000 ものアクセスが集まり出しました。
このままやっていてはもったいないと、サーバーを用意して MovableType でサイトを見やすく構築し直しました。その直後 Twitter やソーシャルブックマークサービスで紹介されたことでアクセスが集中し、サーバーがダウンしたこともあったそうです。

「新しいデバイスやサービスが登場した時は大きなチャンスであり、誰が最初に作るかという違いだけだと思います。 しかし私がサイトを開設した時はまだ “スマートフォン” といえば iPhone のことで、アフィリエイトサービスをあちこち探しても Xperia 関連の商品がありませんでした。 だから、まずは AdSense を掲載しておかないとサーバー代も出ないという状況でした。AdSense は何もしなくても自動的にページのコンテンツに関連した広告が表示されるため順調なアクセス増がそのまま収入に結びついていきました」。

サイト開設から約 1 年経ち、 「Xperia 非公式マニュアル」 は現在 1 日平均 2~3 万 ページビュー (以下、 PV) を安定的に集める人気レビューサイトに成長。 順調に収益を上げ、オープン当時から約 4 倍の収益力をつけています。この 「Xperia 非公式マニュアル」 の成功によって、染谷さんは本腰を入れてサイトの収益化に取り組み始めました。

導入の効果(1): コンテンツの水平展開でトータルの PV を延ばしAdSense の収益をアップ

染谷昌利 氏特に AdSense の収益が目立って伸びたのは、ウェブサイトのデザインをリニューアルしたタイミングです。サイトの横幅を変更し AdSense の広告サイズと配置をチューニングしました。 トップページの中央部と個別記事の上下、訪問者のよく目に付くところに ビッグバナー(728x90) の広告ユニットを配置し、クリック率が約 1.5 倍増になりました。またプラグインを使ってスマートフォン向けに最適化したサイトを作成し、入口を PC 版とスマートフォン版の 2 つに増やしたところ、サイト全体の PV が大きく伸び、 AdSense の収益が約 20 〜 30 % 増につながりました。

さらにコンテンツの水平展開として、端末発売に合わせて 「GALAXY S 非公式マニュアル」 と 「IS03 非公式マニュアル」 サイトもスタートしました。それぞれのサイトが相乗効果もあって 1 日あたり 2 〜 3 万 PV を集めているので AdSense の収益も伸びています。

「今後もサイトをより充実させると共に、後継機のレビュー等、ユーザーが求めている情報をタイムリーに出し続けたい。最近は大手ポータルサイトが Android アプリケーションのレビューサイトを続々と開設していますが、私が意識しているのは 『個人サイトならではの切り口』 。 学術っぽいものやオタク的なネタなど、読んでみたくなるような記事を書けばちゃんと PV が伸びます。これからも斬新かつユニークな切り口と文章で勝負していきたいと思います」。

導入の効果(2): 1 つの広告枠を DFP スタンダードの『フリークエンシーキャップ』機能で有効活用

染谷さんは Xperia 非公式マニュアルで AdSense だけでなく、Google の最新無料アド管理サーバー 「DFP スタンダード」 もうまく活用しています。

DFP スタンダードの 『フリークエンシーキャップ』 機能を利用することで、「同じユーザーが 1 日 3 回閲覧したら、物販のアフィリエイト バナー広告を AdSense に切り替える」という設定をしたところ、物販のアフィリエイト収益を損なうことなく AdSense による収益の増加に成功しました。

「3 回広告を見ても買わない人はその商材には興味がないと考えられるので、その次は違う広告を見せていったほうがいい。『フリークエンシーキャップ』という発想は、限られた広告スペースをより有効に使えて素晴らしいと思います」。

染谷さんは Google からのニュースレターメールでつい最近 「DFP スタンダード」 のことを知り、導入してようやく 2 ヶ月が経ったところです。 設定後は特に手がかからないので、しばらく経過を見ているところだとのことです。

「最初は、アクセス解析を日々しっかりやっているようなサイトでないと入れても意味ないのではと思っていたのですが、この 『フリークエンシーキャップ』 機能だけでも十分 「DFP スタンダード」 を使う価値があります。ただし個人サイトでは多機能すぎて使い切れないので、もっとシンプルに設定できる簡易版ができるとありがたいですね」。