2009 年から 2010 年の初頭にかけて行われた Doodle 4 Google 2009 コンテストのテーマは「私の好きな日本」。コンテストでは、日本全国から68,142 点もの作品を応募いただきました。

2 月 20 日(土)に横浜美術館で行われた最終審査により、地区代表作品、30 作品の中から、部門別最優秀作品(3 作品)、さらにその中から、グランプリ作品が選出されました。

グランプリを受賞したのは、神奈川県海老名市立東柏ヶ谷小学校 6 年生の川島 寛乃さん。川島さんの作品は、2010 年 3 月 1 日に Google ホームページに掲載されました。

地区代表作品

くしろのいきものとしぜん

くしろのいきものとしぜん (北海道地区代表)

このさくひんは、さけと、まりもとくまとくしろしつげんとこんぶとつるをかきました。

山崎 愛音 (北海道 浜中町立霧多布小学校 1 年生)

かさじぞう

かさじぞう (東北地区代表)

わたしの大すきなむかし話から「かさじぞう」をえらびました。おじいさんもおばあさんもおじぞうさんもやさしくて、心があたたかくなるからです。お礼にもらったおもちや小判や米だわらやお魚をていねいにかきました。見た人がやさしいきもちで新年をむかえてほしいです。

松本 沙耶 (山形県 酒田市立亀城小学校 2 年生)

日本の春夏秋冬

日本の春夏秋冬 (北関東地区代表)

日本には、きせつごとにいろいろな行事や遊びがあります。春のお花見、夏の花火やお祭り、秋のお月見、冬のお正月遊び。楽しい思い出を絵にしてみました。

野々瀬 知恵 (茨城県 つくば市立二の宮小学校 3 年生)

せかいの中の日本

せかいの中の日本 (南関東地区代表)

わたしがきにいっているのは、「 o 」を日本のはたにした所がきにいっています。それと、字のうしろにビルと家をかいたのがきにいっています。

金 恵仁 (東京都 新宿区立戸塚第一小学校 3 年生)

長野電鉄と新幹線

長野電鉄と新幹線 (北信越地区代表)

大好きな電車を画面いっぱいかきました。

桑原 充康 (長野県 長野市立篠ノ井東小学校 3 年生)

にんじゃグーグル

にんじゃグーグル (東海地区代表)

昔、にんじゃは、ネコの目を見て、時間のけんとうをつけた。ネコの目は、太陽のいちによって細さがちがう。12 時が目がいちばん細い。

村岡 冴珠 (愛知県 名古屋市立平針北小学校 3 年生)

加古川の春夏秋冬

加古川の春夏秋冬 (近畿地区代表)

私たちのまちをながれる加古川の季節を表しました。「 G 」は朱鷺という鳥です。「 o 」は桜とひまわりです。「 g 」はどんぐり、「 l 」は枯木です。「 e 」は雪だるまです。「朱鷺」は特別天然記念物に指定された日本を代表する鳥です。私たちの住む町も朱鷺が飛来していっしょに住めるよう、自然・四季を大切にしようと思います。

飯田 莉捺 (兵庫県 加古川市立平岡東小学校 3 年生)

いのちキラメキふるさと下関

いのちキラメキふるさと下関 (中国地区代表)

下関は、4つの町と1 つの市が合併して大きな市になりました。それぞれの町と市には、世界に自まんしたいものがあります。それらを全部グーグルにつめこみました。

丹田 葵 (山口県 下関市立桜山小学校 3 年生)

ももたろう

ももたろう (四国地区代表)

じょうずにかけたところは、きじの目を大きくかわいくかいたところです。

藤田 優香 (愛媛県 伊方町立佐田岬小学校 3 年生)

グーグルの変身

グーグルの変身

だてまさむねがかぶとをかぶっているところがアピールポイントです。あと松山城がいいです。

皆本 光 長崎県 壱岐市立霞翠小学校 3 年生

にゃんこや、きょうりゅうや、岩人間などに変身させました。

北の Google

北の Google (北海道地区代表)

札幌と言えば " 札幌時計台 " です!!オシャレな時計、赤い屋根!冬になったら真っ白で、春夏秋冬いつでも人々を見守っています。そんな札幌時計台のミリョク、私の作品のミリョク、みなさんに知ってほしいです!!

松浦 理央 (北海道 札幌市立篠路西小学校 5 年生)

富士・さくら in ジャパン

富士・さくら in ジャパン (東北地区代表)

日本といえば、桜・刀・かぶと・まり・富士山。日本からイメージされるこれらのものを「 Google 」の文字に配置してみました。グラデーションを利用して、日本独特の「和」のふんいきを出せるように工夫しました。

加藤 麻友子 (秋田県 男鹿市立五里合小学校 6 年生)

手と手をつないで

手と手をつないで (北関東地区代表)

私の好きな日本ということで、つる、桜、富士山を描きました。Google の真ん中に日本の国旗も描きました。つると桜が手をつないでいるのは、これからもずっと平和でいられることを願って描きました。

高村 奈菜 (茨城県 つくば市立二の宮小学校 6 年生)

日本の祝日

日本の祝日 (南関東地区代表)

私は他の国には類をみない日本独自の優美さと繊細さをもつ文化を表現しようと思いました。大きな翼をもったタンチョウヅルを頭文字の「 G 」のモチーフにして、Google の文字が大空へ舞い上がることをイメージさせました。また、「 o 」や「 e 」の字の色・模様は平安時代をテーマにしています。

川島 寛乃 (神奈川県 海老名市立東柏ヶ谷小学校 6 年生)

日本昔話 桃太郎

日本昔話 桃太郎 (北信越地区代表)

日本に古くから伝わる昔話の桃太郎をテーマにしました。登場人物の桃太郎、犬、キジ、猿、鬼を Google のロゴにいろいろな形でなぞらえ、背景はロゴをひきたたせるためにうすくして、桃が川から流れてくる様子をイメージしました。

堀内 美沙 (富山県 富山市立蜷川小学校 6 年生)

私の好きな白川

私の好きな白川 (東海地区代表)

白川町は白川茶が有名なので、茶畑と女の人が茶つみをしている様子を描きました。もっと白川茶が有名になって、みんなに飲んでもらえるようにしてほしいなぁと思いながら描きました。Google の文字の色は、お茶の色とお日様の色をイメージした色です。

大脇 優香 (岐阜県 白川町立白川北小学校 5 年生)

グーグルうどん

グーグルうどん (近畿地区代表)

日本人なら誰もが知っている、地域や家庭によって味の違う「うどん」。日本人なら誰もが知っている、味わい方は人によって違う「 Google 」。

大久保 雷 (大阪府 枚方市立東香里小学校 5 年生)

ここから見えるもの

ここから見えるもの (中国地区代表)

私が 1 番大変だったところは、「 o 」をもみじまんじゅうにして描いたところです。もみじまんじゅうは、原こうと本物のもみじまんじゅうとをにらめっこしながら描きました。絵の下半分は瀬戸内海を描き、上下を鏡のようにしたところを工夫しました。もう 1 つ工夫したところは、色を何色も重ねて、できるかぎり本物のようにいきいきした色を出したところです。私は、この絵に入りきらなかった、まだまだ続いていくようなところが 1 番気に入っています。

井上 歩美 (広島県 廿日市市立大野東小学校 6 年生)

おながドゥードゥル

おながドゥードゥル (四国地区代表)

高知県の天然記念物として有名な「おながどり」をモチーフにしました。ぜひ、たくさんのみなさんに高知県をおとずれてほしいです。そして、この「おながどり」も、ぜひ見て下さい。

弘瀬 優花 (高知県 南国市立岡豊小学校 4 年生)

太陽のように光り輝け!!日本剣道!!

太陽のように光り輝け!!日本剣道!!

大好きな神奈川をイメージしてデザインしました。湘南の海のサーファー、江の島、三浦スイカ、鎌倉の大仏、中華街の肉まん、馬車道のガス灯、船長さんの双眼鏡からは横浜港や赤レンガ倉庫がのぞけます。

日高 千紘 福岡県 宗像市立日の里東小学校 6 年生

剣道は、日本の伝統的な武道です。この作品は面と竹刀、「 e 」は紅白のたすきをイメージして、試合風景を表現しました。ぼくは、もっと多くの人達に剣道の素晴らしさ、楽しさを伝えたいと思い、この作品を描きました。

水面に浮ぶ日本

水面に浮ぶ日本 (北海道地区代表)

最初考えたデザインは、日本的な場所や景色でした。ですが、後から見なおすと、日本の観光地を並べただけでした。観光地ではなく、自分が素直に美しいと思うニシキゴイにしてみました。

木戸 颯音 (北海道 札幌大谷中学校 2 年生)

Japanese food

Japanese food (東北地区代表)

私は日本を代表する食べ物として寿司を選びました。外国人が見ても、すぐに分かると思います。にぎり寿司の米粒や木の節などを、カラーインクで上手く表現出来ました。世界中の人達に日本の食文化にもっと親しんでもらいたいと思います。

三浦 真穂 (秋田県 仙北市立生保内中学校 2 年生)

美しい日本の庭園

美しい日本の庭園 (北関東地区代表)

日本の庭園のつくり表すために、とうろう、ししおどしなど、日本らしいものを描きました。また、日本の庭園の水はきれいというイメージがあるので、「 Google 」の文字がすきとおって見えるようにしたのも工夫の一つです。

平井 まりん (茨城県 下妻市立東部中学校 2 年生)

手毬と紅葉

手毬と紅葉 (南関東地区代表)

この作品は、古くからある手毬と日本の四季の秋をイメージして描きました。手毬と紅葉の色は水彩の筆ペンで色を塗り、水をたしながらグラデーションを頑張りました。特に見てもらいたいところは、色の使い方です。

佐々木 なつみ (東京都 多摩市立青陵中学校 2 年生)

日本

日本 (北信越地区代表)

「日本」という言葉から、自分がイメージするものを、デザインしてみました。

細井 大騎 (長野県 辰野町立辰野中学校 2 年生)

「和」

「和」 (東海地区代表)

「 Google 」というロゴを考えるのに至って、私が日本といわれて最初に浮んだのが「和」でした。そこで、日本に因んだ古来の柄や、模様世用いて表現したいと考え、デザインしました。色は、墨をイメージしていて、黒一色に統一しました。

林 江美 (三重県 いなべ市立藤原中学校 3 年生)

あの夏

あの夏 (近畿地区代表)

私の住む柏原市では、毎年大和川で花火大会が開かれていました。その時、柏原市民のほとんどが、河川に集まり、淡い空を皆で見上げながら、楽しい一時を過ごします。私はこの時、一番「夏」を感じます。今の忙しい現代、夏は暑くて苦しい季節だと考える人もいるでしょう。でも、夏は夜店、花火、涼しげな川、ゆかたの人々。どこかなつかしい、昔の忘れられてた風景を思い出していただけるとうれしいです。

中島 成梓 (大阪府 柏原市立柏原中学校 2 年生)

下関

下関 (中国地区代表)

生まれも育ちもお世話になっている下関をテーマに「ふぐ」を描きました。背景には手を加えず、シンプルでインパクトの強い作品を目指しました。2 匹の色が同じだと面白みがないので、少し色を変える工夫をしてみました。

日下 愛実 (山口県 山口県立下関中等教育学校 2 年生)

私のふるさと観音寺市

私のふるさと観音寺市 (四国地区代表)

私の住んでいる観音寺市は、江戸時代につくられたと言われている巨大な銭形の砂絵が有名です。その向こうには、白砂青松の有明浜があり、貴重な海浜植物がたくさん生えています。また四国八十八ヵ所の札所の寺もあり、霊場巡りのお遍路さんの姿が見られます。これらのふるさとの風景と香川の特産である讃岐うどんや秋祭りの太鼓台を組み合わせてデザインしました。

古澤 未羽 (香川県 観音寺市立観音寺中学校 2 年生)

七転び八起き ~あきらめないキモチ~

七転び八起き ~あきらめないキモチ~

草木も眠る丑三つ時 ・・・ 妖怪たちが大行進!!女の人のかみをひっぱる妖怪がいたり、遠くをながめている妖怪もいます。いろんな妖怪たちのストーリーがあるというのを、楽しみながら見てくれたらうれしく思います。

野村 梨奈 (鹿児島県 垂水市立垂水中学校 3 年生)

この作品で見てほしい所は、切り絵で表現した文字です。特にだるまは、昔から「七転び八起き」という言葉と共に、日本の伝統として受けつがれています。何においても、だるまのように、あきらめない気持ちをもって、真摯に取り組む日本人の心を表現しました。

一般投票結果と Google のロゴをデザインしている Google のウェブマスター、特別審査員を始めとしたメンバーによる最終審査委員会の審査により、この度、部門最優秀作品 4 点、その中からグランプリ受賞作品 1 点を選出しました。

2009 グランプリ

部門最優秀作品

地区代表作品 30 作品の中から、小学校低学年、小学校高学年、中学生の各部門の部門最優秀作品を、選出いたしました。 部門代表作品に選ばれたのは、以下の 3 作です。

審査員特別賞

惜しくも、部門最優秀作品に選ばれなかった地区代表作品の中にも、印象深い素晴らしい作品が多数ありました。 その中から 5 作品を審査員特別賞として、選定させていただきました。 審査員特別賞に選ばれた作品は以下の 5 作品です。

審査員奨励賞を特設しました

代表作品に選出されなかった作品の中から、とくに素晴らしかった作品を Google の審査委員会と特別審査員で協議のうえ、審査員奨励賞をとして表彰しました。