ヘルプリソースのご紹介

初めての方も使い慣れている方にも、Google Ad Grants 活用のためのヒントが見つかるヘルプリソースをご紹介します。

COVID-19 を乗り切るためのヒント

COVID-19 のために目標の達成が困難になっている非営利団体を Google が支援します。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)への社会的対応が広がる中、非営利団体は前例のない困難な状況に直面しています。そこで、Ad Grants 広告の内容をご自身で評価し、流動的な市場の状況に合わせて調整していただくための留意点をご紹介します。

COVID-19 Ad Grants リソース

より多くのユーザーにリーチ

広告を効果的に掲載できるようアカウントを構成します。

広告表示の対象とするキーワードを選択し、テーマ別の広告グループに分類します。対象の広告グループ内のキーワードに関連する魅力的な広告を、広告グループごとに 3~5 個作成します。広告はローテーションで表示され、広告グループ内で高い成果を上げているほうの広告が優先されます。

Google Ad Grants で成果を上げるためのヒント

十分な情報に基づいて意思決定する

コンバージョン トラッキングは、ウェブサイトの訪問者が広告に対してインタラクションした後に行った対象アクションに関してレポートする無料のツールです。

Google 広告で広告をクリックしたユーザーの数を把握できるほか、Google 広告や Google アナリティクスを使用して、ユーザーがサイトを訪問した後の行動を追跡することもできます。寄付の追跡に第三者(PayPal、GiveLively など)を利用する場合は、第三者専用のガイドを確認してください。

Ad Grants コンバージョン トラッキング ガイド

第三者の目標をインポートする

入札単価を自動調整

Google 広告の自動入札機能を活用すると、アカウントを管理するための時間を節約できます。

「コンバージョン数の最大化」はスマート自動入札戦略の 1 つで、予算をできるだけ使い切りつつキャンペーンのコンバージョン数を最大化できるように入札単価を自動的に調整します。Ad Grants では、入札戦略として「コンバージョン数の最大化」、「目標コンバージョン単価」、または「目標広告費用対効果」を使用すると、アカウントの掲載結果に応じて、Ad Grants プログラム全体で設定されている「$2.00 USD」という上限入札単価を超えた入札単価を設定できるようになります。

スマート自動入札

入札戦略を変更する

アカウントの無料サポートを利用する

Google Ad Grants Online Marketing Challenge に登録する

非営利団体にとっても大きなメリットのある、学生のための体験学習プログラムです。Google 広告の認定資格を持った学生と一緒に、貴団体のアカウントを評価して最適化できます。

プログラムの詳細

今すぐ団体を登録する