Google が使用している Cookie の種類

Google は、さまざまな種類の Cookie を使用して Google のウェブサイトと広告関連サービスを運営しています。このため、下記に示した Cookie の一部またはすべてが、お使いのブラウザに保存されている可能性があります。ブラウザに保存されている Cookie は、確認したり、管理したりすることができます(携帯端末向けのブラウザの中には、確認できないものもあります)。

使用カテゴリ

設定

Google のウェブサイトは、このカテゴリの Cookie を使用して、ユーザーが選択した言語やお住まいの地域など、サイトの動作方法や外観を変更する情報を記憶することができます。たとえば、お住まいの地域を記憶することで、ウェブサイトは、地域の天気予報や交通情報を提供することができます。また、こうした Cookie は、テキスト サイズ、フォントなど、ウェブページのパーソナライズ可能な部分を変更するのにも役立ちます。

設定 Cookie に保存されている情報が失われると、ウェブサイトの機能が低下する可能性はありますが、停止することはありません。

Google をご利用のユーザーのブラウザには通常、「NID」という名前の設定 Cookie があります。ブラウザは、Google のサイトへのリクエストと一緒にこの Cookie を送信します。NID Cookie には、Google がユーザーの設定やその他の情報を記憶するのに使用する固有の ID が含まれます。記憶される情報には、ユーザーが選択した言語(たとえば英語)、ユーザーが 1 ページあたりに表示したい検索結果数(10、20 など)の設定、Google のセーフサーチ フィルタのオン / オフといった情報などがあります。

セキュリティ

Google は、セキュリティ Cookie を使用して、ユーザーを認証し、ログイン認証情報の不正使用を防止しているほか、不正な第三者からユーザー データを保護しています。

たとえば、Google は「SID」と「HSID」という名前の Cookie を使用しています。これらの Cookie には、ユーザーの Google アカウント ID や、直近のログイン時刻が、デジタル署名され、暗号化されたレコードとして含まれています。Google は、この 2 つの Cookie を組み合わせることによって、ユーザーがウェブページ上で入力したフォームの内容を盗もうとする試みなど、多くの種類の攻撃をブロックすることができます。

プロセス

プロセス Cookie によって、ウェブサイトは、訪問者の期待どおりに機能し、サービスを提供できるようになります。ウェブページ間を移動したり、ウェブサイトの安全な部分にアクセスしたりできるのも、プロセス Cookie があるからです。プロセス Cookie がなければ、ウェブサイトは適切に機能しません。

たとえば、Google の使用している「lbcs」と呼ばれる Cookie によって、Google ドキュメントでは 1 つのブラウザで多くのドキュメントを開くことができます。この Cookie をブロックすると、Google ドキュメントは正常に動作しなくなります。

広告

Google は、ユーザーにとっての広告の魅力や、サイトオーナーや広告主にとっての広告の価値を高めるために Cookie を使用しています。一般に Cookie は、ユーザーとの関連性に基づいて広告を選択したり、キャンペーンの効果についてのレポート機能を向上したり、そしてユーザーが既に見た広告を表示しないためなどに使用されます。

Google は NID、SID などの Cookie を使用して、Google 検索などの Google サービスに表示される広告のカスタマイズを行っています。たとえば、このような Cookie を使用して最近の検索、広告主の広告や検索結果に対するこれまでの反応、広告主のウェブサイトへのアクセスを保存しています。これにより、カスタマイズされた広告を Google 上でユーザーに表示することができます。

また Google は、ウェブで配信する広告にも Cookie を使用しています。Google 以外のサイトの場合、Google の主な広告 Cookie は「id」または「IDE」という名前となり、ブラウザで doubleclick.net ドメインの下に保存されます。Google では他にも、DSID、FLC、AID、TAID、exchange_uid といった名前の Cookie も使用しています。YouTube などの他の Google サービスも、こうした Cookie を使用してより関連性の高い広告を表示する場合があります。

広告 Cookie は、ユーザーのアクセスするサイトのドメイン上に設定されることがあります。たとえば Google の DoubleClick サービスでは、「__gads」という Cookie が、ユーザーのアクセスしているサイトのドメインに設定される場合があります。Google のドメインに設定される Cookie とは異なり、他のサイトにユーザーがアクセスしている間、こうした Cookie を Google が読み取ることはできません。このような Cookie は、該当のドメインでの広告に対する操作を評価したり、同じ広告がユーザーに何回も表示されるのを防いだりするのに役立ちます。

Google ではコンバージョン Cookie も使用しています。この Cookie の主な目的は、広告をクリックした人のうち何人が最終的に製品を購入したかを広告主が把握できるようにすることです。このようなコンバージョン Cookie により、Google と広告主は、ユーザーが広告をクリックした後に広告主のサイトにアクセスしたかどうかを判断できます。コンバージョン Cookie は、Google でインタレスト ベース広告のターゲティングに使用されることはなく、持続期間が限られています。「Conversion」という Cookie は、この目的専用です。通常、googleadservices.com ドメインに設定されます(Google が広告 Cookie に使用するドメインのリストは、このページの下部をご覧ください)。その他の Google の Cookie には、コンバージョン イベントの測定にも使用されるものもあります。たとえば、DoubleClick Cookie と Google アナリティクス Cookie は、こうした目的にも使用されます。

Google では「AID」や「TAID」という Cookie も使用します。これらの Cookie は、ユーザーが別の端末で Google アカウントにログイン済みの場合に端末間でユーザーのアクティビティをリンクするために使うものです。Google はこのように Cookie を利用して、各端末でユーザーに表示される広告を調整したり、コンバージョン イベントを測定したりしますが、ユーザー個人を特定することはありません。こうした Cookie は、google.com/ads、google.com/ads/measurement、googleadservices.com のいずれかのドメインに設定されます。表示される広告が端末間で調整されないようにしたい場合は、広告設定を使ってインタレスト ベース広告をオプトアウトできます。

セッション状態

ウェブサイトは、多くの場合、ユーザーによるウェブサイトの利用状況に関する情報を収集しています。たとえば、ユーザーが最も頻繁にアクセスしているページや、特定のページでユーザーにエラー メッセージが表示されたかどうか、といった情報が収集されます。Google は、こうしたいわゆる「セッション状態 Cookie」をサービスの改善に役立てて、ブラウジング機能の質の向上を図っています。セッション状態 Cookie をブロックしたり、削除したりしても、ウェブサイトが利用できなくなることはありません。

また、セッション状態 Cookie は、PPC(クリック課金型)広告や、アフィリエイト広告の効果を匿名で測定するために使用されることもあります。

たとえば Google は、特定のブラウザで直近に再生された動画を YouTube が記録できるよう、「recently_watched_video_id_list」と呼ばれる Cookie を使用しています。

アナリティクス

Google アナリティクスは、ウェブサイトやアプリの利用動向を把握するのに役立つ Google の解析ツールです。Cookie を使用して匿名で情報を収集し、ウェブサイトやアプリの利用動向をレポートします。Google アナリティクスが主に使用するのは「__ga」という名前の Cookie です。

ウェブサイトの利用動向をレポートするだけでなく、Google アナリティクスは上記のいくつかの広告 Cookie と一緒に使用して、Google サービス(Google 検索など)やウェブでより関連性の高い広告を表示できるようにしています。

詳しくは Google アナリティクスでの Cookie やプライバシー情報の利用方法をご覧ください。

Google では、さまざまなドメインを使って、広告サービスで利用する Cookie を設定しています。以下に示すドメインのほか、これらのドメインの各国固有のバージョン(google.fr など)も使用します。