Google が使用する位置データの種類

Google の各種サービスでは、さまざまな種類の位置情報を使用することがあります。

たとえば、特定の場所についての検索キーワードを手動で入力した場合等、そのキーワードを黙示的な位置情報と呼びます。黙示的な位置情報とは、ユーザーの端末の位置を実際に伝えるわけではないものの、ユーザーが特定の場所に関心を持っているか、その場所にいる可能性があると推測させる情報をいいます。黙示的な位置情報はさまざまな形で使用されます。たとえばユーザーが「エッフェル塔」と入力した場合、Google ではユーザーがパリ付近の場所に関する情報を探している可能性があると推測し、この情報を利用してパリ付近の場所に関するおすすめ情報をユーザーに表示します。

また、インターネット トラフィック情報(IP アドレスなど)は通常、国ごとのブロック単位で割り当てられています。この情報を元に、ユーザーの端末がある国を特定し、検索エンジンに適切な言語やロケールを適用するといったことをしています。この情報はインターネット トラフィックに通常含まれるものとして送信されます。

一部のサービス(モバイル Google マップのターンバイターン方式のナビなど)では、より詳細な位置情報が使用されます。このようなサービスでは通常、端末ベースの位置情報サービスをオンにするかどうかをユーザーが選択する必要があります。端末ベースの位置情報サービスとは、GPS 信号、端末センサー、Wi-Fi アクセス ポイント、基地局 ID などの情報を使用して、詳細な位置を特定または推測するサービスです。端末ベースの位置情報は、一度オンにした後でオフにすることもできます。端末やアプリによっては、端末ベースの位置情報サービスについてより詳細に位置情報設定を管理できることもあります。たとえば、位置情報をそのサービスやアカウントの履歴に保存するかどうかを選択できる場合があります。