Gmail の設定を確認する

Gmail をお使いなら、以下の手順に従って、ご自分のアカウントの安全性が確保されていることを確認しておきましょう。

明示的に設定している場合を除き、メールが転送または共有されていないことを確認する

Gmail の [設定] で、自分のアカウントへの他のユーザーによるアクセスを許可する転送委任の設定をチェックして、メールが正しく送信されていることをご確認ください。

パスワードを忘れた場合に備えてアカウントへのアクセスを回復する方法を確保する

Google では、ユーザーがパスワードを再設定する必要がある場合、そのユーザーの予備のメール アドレスにメールを送信するようになっているため、予備のメール アドレスが最新で、アクセス可能なアカウントであることを確認してください。Gmail のプロフィールに電話番号を追加しておけば、パスワードを再設定するためのコードをテキスト メッセージで受信できます。

自分のアカウントに携帯端末の番号を登録しておくことは、アカウントの安全性を保つための最も簡単で信頼できる方法の 1 つです。たとえば、Google は電話番号を使用して、ハッカーがアカウントに進入するのを防ぐことができます。また、アカウントにアクセスできなくなった場合でも、アカウントへのアクセスを回復できるように確認コードを送信できます。Google で予備の電話番号を設定したからといって、製品販売目的の顧客リストに登録されたり、マーケティング業者から頻繁に電話がかかってきたりすることはありません。

携帯端末は、予備のメール アドレスやセキュリティ保護のための質問よりも安全性の高い個人識別方法です。なぜなら、後の 2 つと違って、携帯端末は常に携帯しているものだからです。

アカウントへの不審なアクセスや行動がないか確認する

身に覚えのない行動や疑わしい行動がないかどうか、アカウントを定期的に確認してください。ページ下部の [詳細] をクリックすると、メールにアクセスした最新の IP アドレスとその場所が表示されます。不審な行動を見つけたら、すぐにパスワードを変更して、そのアカウントからログアウトしてください。前回のアカウント アクティビティを確認することで、不審な行動を見つけやすくなります。

Gmail にログインする際には、ウェブアドレスが http:// ではなく、https://で始まっていることを確認してください。https:// で始まっていれば、そのウェブサイトに対する接続が暗号化されており、のぞき見や改ざんに対する保護が強化されています。Gmail に関するさまざまなヒントについては、Google の Gmail セキュリティ チェックリストをご覧ください。

Gmail ユーザーからの嫌がらせを報告する

Gmail のポリシーに違反している Gmail ユーザーから被害を受けた場合は、こちらの推奨される対処方法をご確認ください。

セーフティ ツール

オンラインでの家族の安全を守ることを目的とした、Google の主な機能を 5 つご紹介します。ぜひご確認ください。

Google アカウント

Google アカウントの安全性を高める

2 段階認証プロセスを有効にすると、Google アカウントのセキュリティをもう一段階向上させることができます。2 段階認証プロセスを有効にした場合、誰かが不明なコンピュータからユーザーのアカウントにログインしようとすると、Google から携帯端末にパスコードが送信されます。つまり、誰かがユーザーのパスワードを盗んだり推測したりしても、そのユーザーの携帯端末は持っていないため、ユーザーのアカウントにログインすることはできません。自分の情報(パスワード)と所有物(携帯端末)で自分自身を守ることができるのです。

もっと詳しく

設定にアクセスするには、右上にある名前または画像をクリックして、[アカウント] をクリックします。

上部にある [セキュリティ] をクリックします。[パスワード] ボックスで、[2 段階認証プロセス] の横にある [設定] をクリックします。

詳しい手順のガイドが表示されるので、指示に従って設定プロセスを進めます。

2 段階認証の設定に戻ります。設定を確認し、予備の電話番号を追加します。

これで設定は完了です。次回ログインすると、確認コードを記載した SMS が届きます。

Chrome

シークレット モードでウェブを閲覧する

Chrome ブラウザのシークレット モードを利用すると、お使いのパソコン、タブレット、スマートフォンで、自分にしかわからないようにウェブを閲覧することができます。Chrome のシークレット モードでは、アクセスしたウェブページやダウンロードしたファイルが、閲覧履歴やダウンロード履歴に記録されません。

もっと詳しく

ブラウザのツールバーにある Chrome メニューをクリックし、[新しいシークレット ウインドウ] をクリックします。

新しいウィンドウが開き、シークレット アイコンが隅に表示されます。終了するには、ウィンドウを閉じます。

Google アカウント

Google アカウントの設定を変更する

ご自分のアカウントの設定ページで、Google アカウントに関連付けられているサービスと情報を参照したり、セキュリティとプライバシーの設定を変更したりできます。

もっと詳しく

設定にアクセスするには、右上にある名前または画像をクリックして、[アカウント] をクリックします。

Google アカウント

ウェブ上に自分の名前が表示された場合に通知を受け取る

[Me on the Web] では、自分についての Google 検索結果がどのように表示されるかを把握し管理することができます。Google アラートを設定して、自分の情報がインターネットで参照されたかどうかを監視できるようにしたり、自分が関心を持っている検索キーワードが自動的に表示されるようにしたりできます。

もっと詳しく

Google アカウントにログインし、[Me on the Web] に移動します。

[Google アラートを管理] をクリックします。赤いボタンをクリックしてアラートを作成します。

テキスト フィールドに自分の名前が挿入されます。テキスト フィールドをクリックして他のアラート候補を見ることができます。

アラートを追加するには [追加] を、編集するには鉛筆アイコンを、削除する場合はゴミ箱アイコンをクリックします。

[頻度] プルダウンで、通知の頻度を選択します。

Google アカウント

Google アカウントに保存されたデータを管理する

Google ダッシュボードでは、Google アカウントに保存されたデータを表示したり、最近の利用状況の概要を確認したりできます。また、Blogger、Google カレンダー、Google ドキュメント、Google+ など、各種サービスの設定画面にダッシュボードからアクセスすることもできます。

もっと詳しく

ダッシュボードにアクセスして、Google アカウントに関連付けられている情報の概要を表示し、個人設定を管理します。

ここから、Google アカウントに保存されたデータを表示、管理できます。

セーフティ ツールをもっと見る