コミュニケーションに責任を持つ

親世代のユーザーからお話を伺うと、10 代の子どもたちのオンライン行動を把握することに大きな関心が寄せられます。子どもたちにデジタル社会での責任ある行動の基本を教えれば、大人がそばにいないときでも適切な選択をしやすくなります。子どもたちは、インターネットでの人間関係にどのように対応するか、不正行為をどのように報告するか、だれに助けを求めればよいかを知っておくべきです。ご家族とこのような問題の話し合いを始める際に役立つ内容をご紹介します。

  • 個人情報を必要以上に共有しない

    インターネットでの評判について家族に教えるための簡単なヒントをご紹介します。

    詳細

  • インターネット上の人間関係をスマートに管理する

    インターネットでの健全な関係と有害な関係について家族に教えるための簡単なヒントをご紹介します。

    詳細

セーフティ ツール

ご家族がインターネットでの評判をチェックできるようにすることを目的とした Google の主な機能をご紹介します。ぜひご確認ください。

YouTube

YouTube のコメントを管理する

自分の動画やチャンネルに対して不快なコメントを寄せるユーザーがいる場合は、YouTube でそのユーザーをブロックできます。ブロックされたユーザーはあなたの動画にコメントを寄せたり、非公開メッセージを送信したりできなくなります。

もっと詳しく

YouTube でユーザーをブロックするには、そのユーザーのチャンネル ページ(www.youtube.com/user/NAME という形式の URL)に移動します。

[概要] タブで、報告アイコンクリックします。

[ユーザーのブロック] をクリックします。

YouTube

適切なユーザーとのみ動画を共有する

動画には、非公開にする、何人かの友だちと共有する、世界中に公開するなどのプライバシー設定が用意されています。YouTube では、動画はデフォルトで [公開] に設定されますが、動画をアップロードするときに [プライバシー設定] で設定を簡単に変更できます。後で気が変わったら、アップロード済みの動画のプライバシー設定を変更することもできます。

もっと詳しく

プライバシー設定を変更するには、[動画の管理] にアクセスします。

設定を変更する動画を見つけて、[編集] ボタンをクリックします。

[プライバシー設定] メニューに移動します。

すべての人と共有するには [公開]、動画へのリンクを知っているユーザーと共有するには [限定公開]、特定のユーザーと共有するには [非公開] を選択します。

[変更を保存] をクリックします。

Google+

迷惑なコメントやタグを防ぐ

Google+ で特定のユーザーの投稿を表示したくない場合は、ユーザーをブロックできます。そのユーザーのプロフィールに移動し、[[ユーザーの名前] さんを報告/ブロック] を選択します。特定の投稿をミュートして、それ以降ストリームに表示しないようにすることもできます。

もっと詳しく

パソコンでユーザーをブロックするには、ユーザーのプロフィールに移動します。

プロフィールの横にある [[ユーザーの名前] さんを報告/ブロック] をクリックします。

そのユーザーをブロックすることを確認します。

Google+

ストリームで誰の更新情報を表示するかを選択する

たとえば、あるユーザーのサークルに追加されたものの、そのユーザーとの交流に興味がないとします。ブロックするほどでもない場合には、代わりにミュートするという手段があります。ユーザーをミュートすると、そのユーザーやページからの通知は届かなくなります。

もっと詳しく

Google+ を開きます。

ユーザーのプロフィール/ページに移動します。

プロフィールの写真と情報の下にある矢印をクリックします。

[[ユーザー/ページ] さんをミュート] を選択します。

YouTube

動画へのコメントを管理する

YouTube チャンネルへのコメントは簡単に管理できます。コメントを削除したり、特定のユーザーからのコメントや特定のキーワードが含まれるコメントは承認のために公開を保留にしたりできます。

もっと詳しく

コメントを管理するには、コメントの右上にある矢印をクリックしてオプションを表示します。

[削除] を選択すると、YouTube からそのコメントが削除されます。

[チャンネルへの参加を禁止] をクリックすると、動画やチャンネルへの該当ユーザーによるコメントの投稿がブロックされます。

[コメント設定] では、新しいコメントを投稿前に承認のため保留にしたり、コメントを無効にしたりできます。

[コメント設定] では、自分のチャンネルにコメントするユーザーのフィルタを設定できます。また、特定の単語を含むコメントをブロックすることもできます。

セーフティ ツールをもっと見る