基礎知識を身につける

保護者として、何が家族にとって正しいか、どうすれば子どもたちの理解が深まるかを皆さんはご存知でしょう。変化し続けるインターネットの世界でご家族が新しいテクノロジー、ガジェット、サービスを適切に利用できるようにするには、実践的なアドバイスが役立ちます。何が有効かを把握するために、Google が安全に関する専門家、保護者、教師、コミュニティの話を聞き続けているのはこのためです。一緒に協力して、責任あるデジタル ユーザーのコミュニティを育んでいきましょう。

  • ご家族の安全を守るため
    の基本事項

    インターネットでご家族の安全を守る方法についての簡単なアドバイスをご紹介します。

    詳細

  • 外出先でも安全に利用する

    携帯端末について話し合うべき内容をご紹介します。

    詳細

セーフティ ツール

インターネットでの家族の安全を守ることを目的とした、Google の主な機能を 5 つご紹介します。ぜひご確認ください。

Google Play

ペアレンタル コントロールを使ってコンテンツのレーティングを基準にアプリを選定する

ペアレンタル コントロールを使うと、Google Play でダウンロードしたり購入したりできるコンテンツを制限できます。あなたや家族に適したコンテンツを探すのに役立ちます。

もっと詳しく

端末で Play ストア アプリを開きます。

左上で、メニュー アイコンをタップします。

[設定] をタップします。

[ペアレンタルコントロール] をタップします。

[ペアレンタルコントロール] をオンにします。

PIN を作成します。

[アプリとゲーム] をタップします。

成熟度レベルを選択します。

YouTube

フィルタを設定して不適切なコンテンツを除外する

YouTube を閲覧しているときに成人向けや年齢制限のあるコンテンツを表示したくない場合は、YouTube ページの一番下までスクロールして、セーフモードを有効にします。セーフモードを使用すると、検索、関連動画、再生リスト、番組、映画から、好ましくない可能性のあるコンテンツを除外することができます。

もっと詳しく

YouTube ページの一番下までスクロールして、[セーフモード] メニューをクリックします。

[オン] または [オフ] を選択して、セーフモードを有効または無効にします。

この設定をロックするには、Google アカウントにログインします。

ログインすると、この設定をロックするオプションが表示されます。

Chrome

ウェブ上で家族が見るコンテンツを管理する

インターネットで家族がアクセスできるサイトを管理したい場合は、Google Chrome の「監視対象ユーザー」機能を利用できます。監視対象ユーザーの機能を使うと、対象のユーザーがアクセスしたページを確認して、そのユーザーに見せたくないサイトをブロックすることが可能です。

もっと詳しく

Chromebook で監視対象ユーザーを設定するには、メインのログイン画面で [ユーザーを追加] をクリックします。

画面の右側で、[監視対象ユーザーを作成] をクリックします。

[監視対象ユーザーを作成] をクリックします。

監視対象ユーザーを管理するアカウントにログインし、[次へ] をクリックします。

監視対象ユーザーのユーザー名、パスワード、画像を選択し、[次へ] をクリックします。

Android

承認したアプリやゲームのみにアクセスを制限する

すべての機能やコンテンツを共有せずに、他のユーザーとタブレットを共有したい場合があります。Android 4.3 以降を搭載するタブレットでは、タブレット上の機能やコンテンツへの他のユーザーのアクセスを制限する制限付きプロフィールを作成できます。

もっと詳しく

タブレットの所有者の場合は、設定アイコン → [ユーザー] → [ユーザーまたはプロフィールを追加] をタップします。

[制限付きプロフィール]、[新しいプロフィール] の順にタップしてから、プロフィールに名前を付けます。

オンとオフのスイッチや設定を使って、機能、設定、アプリへのアクセスを管理します。

電源ボタンを押してロック画面に戻り、新しいプロフィールのアイコンをタップします。

設定を終了した時点では、ホーム画面に何も表示されません。[すべてのアプリ] アイコンをタップして、新しいプロフィールを開始します。

セーフティ ツールをもっと見る