株式会社グローバルキッズ

保育士の採用強化のため YouTube 動画広告を展開。応募数 4 割アップで、良質な人材を多数獲得

株式会社グローバルキッズ

https://www.gkids.co.jp/

首都圏を中心に認可・認証保育所などを運営する同社では、保育士・栄養士・看護師がチームとなって「子どもを中心とした保育」を実践しています。一人ひとりの子どもと向き合える人材を求め、同社の保育環境と、そこで過ごす子どもたちの日常をイメージできる YouTube 動画広告を展開。応募数が大幅に増えた結果、より意欲の高い人材を採用できるようになりました。

課題・背景

待機児童の解消と保育士不足が社会問題化する中でも、グローバルキッズでは自社理念に共感し「子どもの声に耳を傾けられる人材」にこだわって採用を続けてきました。従来は保育士養成校での説明会や施設見学ツアーなどを開催し、採用媒体や人材紹介会社も活用してきましたが、採用市場の競争激化でコストが高騰。広く知名度を得ながら、企業理念に対する理解を高める必要があり、新たな施策が必要でした。

グローバル - キッズ - 人
保育士の獲得競争が激化する中、高騰する採用コストが課題に

解決策

同社では以前、保育をテーマとする動画を自社 HP などに掲載した経験があり、動画は短時間で直感的にメッセージを伝えられることを認識していました。Google のセミナーで紹介された他社の事例でも訴求効果を実感したことから、保育施設で過ごす子どもの日常をより身近に想像してもらえるよう、YouTube 動画広告の配信を決定。Google 担当者のサポートのもと、採用活動期前の 9 〜 11 月にスケジュールを設定し、18 - 34 歳の女性をターゲットに動画を配信しました。

グローバルキッズ - 女性
≪グローバルキッズ≫保育園イメージムービー 保育士採用

結果

動画広告を配信した結果、応募数は昨年に比べて全体で 3 ~ 4 割増加しました。自社サイトからの応募数が約 3 倍になり、紹介会社経由の応募者の 40% が同社を指名で応募するなど、動画配信が応募数に大きく影響したと考えられます。動画を通じて企業理念が伝わったことで、経験者や求職者といった即戦力となる人材の応募が増え、応募者の質が上がったことも大きな成果です。また配信期間中、「グローバルキッズ」という社名での検索数が 71% 増加。動画配信後のアンケートでは認知度や評価が向上、SNS でも多くの好意的なコメントが寄せられました。

グローバルキッズ-GK-ZU
検索数が急増し、競合平均を大きく上回る

「求める人材層と YouTube の視聴者層とが重なっており、動画に対する親和性が高かったことが効果に直結したように思います。また、施策の実施によってサイトへのアクセスが伸びたことで、応募ページに改善が必要なことがわかったことも大きな収穫でした。今後は、取得したデータを活用し、Google ご担当者にもご協力いただきながらさらに踏み込んだデータの取得などを検討したいと考えています。」
(株式会社グローバルキッズ 保育事業部 経験者採用グループ シニアマネージャー 古谷 敦 様)

この事例の PDF をダウンロード

ご相談窓口

まずは貴社の課題や要望を Google までお聞かせください。
以下のご相談フォーム、お電話、eメールからお問い合わせいただけます。

電話 0120-964-889 ※受付時間 10 時~17 時 (土日祝日除く)