伝統企業がオンライン マーケティングに挑戦。福岡から全国へ、商品ブランドの認知拡大に成功。

株式会社ムーンスター

http://www.moonstar.co.jp/

福岡県久留米市に本社を置き、140 年以上もの伝統を持つ同社。2015 年、新たなブランド スローガンを掲げたことを機に、技術力と品質の高さをより多くの人に伝えるために、Google AdWords を活用したオンライン マーケティングに挑戦。その結果、商品だけでなく、企業全体のブランド認知拡大にも成功しました。

課題・背景

同社では、ブランド スローガンを「Time with pride. ひたむきに、歩み続ける。」に刷新したことに伴い、技術力と品質の高さを改めて世の中に広く伝えたいと考えていました。また、これまでのプロモーション施策はテレビ CM と店頭装飾が中心でしたが、他社との競争が激しくなったこともあり、今までとは違う新たな施策が必要になっていました。

解決策

ターゲットとなる子供・親のオンライン上での行動を分析し、それぞれに適した形でアプローチを試みました。 子供向けには、反響の良かったテレビ CM を YouTube 動画広告に活用し、商品のデザインや機能をわかりやすく訴求。親に対しては、この層がよく閲覧するサイトにバナー広告を掲出して自社サイトへ誘引。技術力の高さ実証する数値を掲載して、商品への理解を促しました。さらに Google の検索動向データから、ニーズが最も高まる時期を分析。新学期・運動会シーズンの前、従来よりも早いタイミングでこれらの施策を展開しました。

子供に人気のある YouTuber の動画などに広告を掲載
子供に人気のある YouTuber の動画などに広告を掲載

結果

無料で行える Google のブランドリフト調査を実施したところ、商品の購買意向は 13.7% 、広告想起率は 70% も上昇しました。さらに、「ムーンスター」という社名での検索数が約 3 倍までに増え、企業全体のブランド認知拡大にも成功しました。

ムーンスター結果図表

「Google の担当の方には気軽にさまざまな相談ができただけでなく、データに裏付けられたソリューションを提案いただき、とても頼りになりました。」(株式会社ムーンスター マーケティング部 マーケティング課 チーフ 中村 和也 様)
「今後も Google のオンライン広告をはじめとするオムニチャネル マーケティングを活用して、ムーンスターを全国・海外に発信したいと思っています。」(株式会社ムーンスター 代表取締役社長 猪山 渡 様)

この事例の PDF をダウンロード

ご相談窓口

まずは貴社の課題や要望を Google までお聞かせください。
以下のご相談フォーム、お電話、eメールからお問い合わせいただけます。

電話 0120-964-889 ※受付時間 10 時~17 時 (土日祝日除く)