オイシックス株式会社

「最初の 5 秒」でパフォーマンスを向上。YouTube 広告で目標の 4 倍の販売数を達成。

オイシックス株式会社

http://www.oisix.co.jp/

有機野菜や自然食品、オーガニック フーズなどの宅配ネットスーパーを中心とするオイシックス。同社にとって、年末のおせち販売シーズンは大きな商機です。YouTube のリーチの大きさと直感的に訴求できる動画の表現力を活用したプロモーションを展開し、目標の 4 倍の販売数を達成しました。

課題・背景

年末のおせち商戦において、アフィリエイト広告などのオンライン プロモーションの競争が激化しており、オイシックスでは毎年新しいプロモーション手法を検討します。そんな中、同社は YouTube のユーザー数の圧倒的な多さと、ターゲットされたユーザーに直感的に訴求できる動画広告プラットフォームとしての機能と表現力に注目しました。

解決策

12 月後半時点でおせちの予約をしていない人にターゲットを絞り込み、「まだ間に合う!」といったユーザーのインサイトに合わせたメッセージングを行いました。最初の 5 秒でユーザーが広告を見るかスキップするかを選択できる TrueView インストリーム広告の特性を考慮し、a最初の 5 秒を「ニュース速報」風のアニメーションで表現。最後まで楽しんで見てもらえる工夫をしました。動画広告内には常に商品詳細ページへのリンクと検索への誘導を表示し、いつでも購入ページに行ける導線を作りました。

ニュース速報風の導入
ニュース速報風の導入
色彩豊かな画像とユーモア テロップ
色彩豊かな画像とユーモア テロップ
特別価格の訴求
特別価格の訴求

結果

おせち関連のオンライン広告の中で最も効果的なプロモーション手段となり、販売数は目標の 4 倍を達成。YouTube の多くのターゲット オーディエンスへの認知を高めることもできました。視聴に対するコンバージョン率の高さも今回のキャンペーンの特徴です。
「YouTube はユーザー数、広告在庫数共に最もボリュームが大きい動画メディアなので積極的に活用したいと思っています。成功の再現に必要なのは、ユーザー インサイトに基づくメッセージングとクリエイティブ、そしてタイミングが大事だと考えます。データをもっと分析し、ターゲティングと提供商品、クリエイティブの組み合わせを試しながら、さらなる成功事例を作りたいと思っています。」(EC 事業本部 プロモーション室 室長 池山 英人 様)

この事例の PDF をダウンロード

ご相談窓口

まずは貴社の課題や要望を Google までお聞かせください。
以下のご相談フォーム、お電話、eメールからお問い合わせいただけます。

電話 0120-964-889 ※受付時間 10 時~17 時 (土日祝日除く)