機能

Chrome では、従来のブラウザの対応状況を気にすることなく、簡単に最新の HTML5 やウェブ アプリを授業の場に取り入れることができます。

Chrome MSI をダウンロード

Windows 版 Chrome MSI パッケージ 10/8.1/8/7 64-bit

(Windows 版 Chrome MSI パッケージ 10/8.1/8/7 32-bit)

Chrome MSI をダウンロード

Windows 版 Chrome MSI パッケージ 10/8.1/8/7 32-bit

(Windows 版 Chrome MSI パッケージ 10/8.1/8/7 64-bit)

高速

スピードは学習効果のアップにつながります。このため Chrome は、デスクトップからの起動、ウェブページの読み込み、多機能な教育ツールの実行など、あらゆる点において高速で動作するように設計されています。ローエンドのパソコンでも Chrome は高速で動作するため、現在使用しているハードウェアを長く使うことができ、コストの節約にもなります。

セキュリティ

Google Chrome for Education にはセーフ ブラウジングやサンドボックスなどの技術が採用されており、悪質なウェブサイト、ウイルス、不正なソフトウェア、フィッシングなどの攻撃から生徒や教師を守るのに役立ちます。また、クロスサイト スクリプティングを防止する機能により、学校のネットワークを攻撃したりユーザーの ID 情報を盗もうとしたりするサイトに対するセキュリティが強化されています。

Google Apps for Education

Chrome は、Google Apps for Education のサービスを最適に利用できるように設計されています。Chrome では、オフライン Gmail、Google ドキュメント、カレンダー、デスクトップ通知、ドラッグ&ドロップやカット&ペーストといった編集機能など、他のブラウザにはない多くの機能がサポートされています。

シンプル

Chrome の導入と管理は簡単です。IT 管理者は、ブラウザの設定やインターネット アクセスを整えるために時間をとられることなく、ニーズに応じて Chrome をカスタマイズして導入できます。たとえば、すべての生徒や学生に対し、グループ ポリシーに従って特定の拡張機能や Chrome ウェブストアのアプリを使用することを徹底させたり、教師のグループに対し、さまざまなアプリ、拡張機能、サイトへのアクセス権をデフォルトで付与したりすることが可能です。

カスタマイズ

Chrome ウェブストアでは、教育やコラボレーション用の拡張機能やアプリが多数用意されており、これらは Chrome とセットで生徒や教師に配布できます。OS アップグレードが不要な HTML5 の完全サポートにより、生徒や教師が Windows、OSX、Linux のどれを使用していても、強力かつスケーラブルなウェブ アプリを利用できます。

アップグレード

Chrome を導入すると、OS をアップグレードしたり高価なクライアント ソフトウェアを購入したりしなくても、パフォーマンスやセキュリティを向上させることができます。現在のブラウザを引き続き使用して、従来のアプリを Internet Explorer で実行し、その他の作業については学校全体で Chrome を導入する、ということも可能です。