Google サイエンスフェア ジャパン 2015

Science Jam は、日本全国の高校生、高等専門学校生 1 ~ 3 年生を対象に、自由な発想で科学やテクノロジーの可能性を追求し、世界を変えるアイディアにチャレンジするプロジェクトです。化学、農学、工学、応用科学、情報工学など幅広く科学をテーマにした研究をお待ちしています。

プロジェクト開催期間の約 3 ヶ月間、日本全国から集まった大学生・大学院生がメンターとして、皆さんの研究を支援します。

このプロジェクトが、若き科学者たちの出会いの場となり、日本を、そして地球の未来を変えていく力となることを期待しています。

プロジェクト 概要と、エントリーについてをよくお読みいただき、こちらからご応募ください。メンターにご興味のある方は、メンターページをご確認ください。

プロジェクトの流れ

エントリー

1. エントリー

解決したいと思う課題を見つけたら、個人またはチームでエントリーします。

キックオフキャンプ

2. キックオフキャンプ

チームと、メンターが出会い、キャンプを通じて研究プランの詳細を話し合います。

研究をすすめる

3. 研究をすすめる

メンターと定期的に相談しながら、研究を進めます。

研究発表会

4. 研究発表会

研究成果を発表し、発表内容をもとに表彰を行います。

Google サイエンスフェア in 東北

Google では、過去 2 年間に渡り、岩手県、宮城県、福島県内の高校生、高等専門学校生を対象に Google サイエンスフェア in 東北と題し、Science Jam の原点となるプロジェクトを実施しています。当初、この取組みは東北の中長期的な復興支援を目的としていましたが、参加した高校生やメンターの大学生・大学院生たちは、自らの科学の知識とアイディアで社会が抱える課題に真摯にチャレンジしていました。

協力

日本科学未来館

協賛

Mori

後援

日本科学未来館