東北発、未来へ。高校生たちのアイデアが世界を変える。

「Google サイエンスフェア in 東北 2013 」 は、岩手県、宮城県、福島県内の高校生を対象とした、 科学をより身近に感じ、その可能性を知ってもらうためのプロジェクトです。 このプロジェクトを通じて、地球の未来を変えていくようなアイデアが生まれ、 育っていくことを願っています。

Google では、2011 年から、全世界の 13 〜 18 才を対象に、科学コンテスト 「Google Science Fair」を実施しています。 「Google サイエンスフェア in 東北 」 は、この「Google Science Fair」 の一環として企画しました。身近なことから科学に関心を持ち、研究を始めたり、 もっと研究にのめり込む、そんなキッカケとなることを目的としています。

2013 年 8 月 17 日、研究発表会 が行われ、20 校、 38 チーム、102 名の高校生が発表会に参加、生物学、工学、 物理学などをテーマに研究成果を発表しました。 研究成果の中から、日本科学未来館賞、東北大学審査員賞、Google 賞、オーディエンス賞の 各賞が選ばれ、さらにこれらの中から会場全員の投票で、「アンバサダー賞」を決定しました。
詳しくは 受賞結果ページ をご覧ください。

野口英世

きみのアイデアが 未来を面白くする。

プロジェクトの流れ

1

エントリーする

個人、またはチームで参加できます。
2

研究する

科学に関することであればテーマは自由です。
3

相談する

東北大学の学生が、みなさんの研究をサポートします。
4

発表する

参加者全員が集まって、研究成果を発表します。

パートナー

日本科学未来館

後援

東北大学
岩手県教育委員会
宮城県教育委員会
福島県教育委員会