注目コンテンツ

分析とアトリビューションで効果的な測定を実現する

データは、ビジネスの成否を決める重要な要素です。ただし、データがその効果を発揮するのは、マーケティングに関する意思決定のサポート、そしてマーケティング活動の促進に使用される場合のみです。

マーケティング担当者は、データを収集、分析し、その結果に基づいて措置を講じるべきだと考えています。中には、必要なのは顧客分析データだけ、と考える担当者もいます。でも、本当にそうでしょうか。

相乗効果を狙う

アナリティクスは、サイトやアプリ、そしてエンゲージメントが発生するその他の接点におけるユーザー体験を把握するうえで不可欠です。一方、アトリビューション分析を実施すると、根本となるエンゲージメントを促進する接点をトラッキング、評価できます。アナリティクスとアトリビューションのどちらかを選ぶのではなく、成果測定の両輪として活用することが求められます。

この記事では、以下について説明します。

  • マーケティングの成果測定におけるアナリティクスとアトリビューションの固有の役割
  • アナリティクスとアトリビューションを併用し、包括的に把握する
  • アトリビューションによるクロスチャネル分析に基づく投資収益率の向上

記事

より良い分析への近道 ‐ アナリティクスとアトリビューション。

記事を表示