注目コンテンツ

購入プロセスにアトリビューションを適用する

認知度向上から顧客維持まで、目標到達プロセスが長期化している今日、マーケティング担当者は、サイトにアクセスしたユーザーに商品を購入してもらうべく取り組んでいます。しかし、各チャネルが別個の目標到達プロセスとして利用されている場合、チャネルをまたぐ複雑な購入経路を適切に解釈するにはどうすればよいでしょうか。

サイロ化からの脱却。

このような場合に役立つのがデータドリブン アトリビューションです。たとえば、ユーザーがモバイルとノートパソコンで情報収集してから実店舗で購入に至ったとすれば、データドリブン アトリビューションによってクロスチャネルな分析情報が得られます。目標到達プロセスをチャネルをまたいで把握できるため、事実に基づいた意思決定や効率性の改善ができ、マーケティングの投資収益率が全体的に向上します。

この記事では、以下のトピックについて説明します。

  • サイロ化がクロスチャネルな成果測定にもたらす弊害
  • クロスチャネル ビューが購入プロセスごとのユーザーのターゲット設定を可能に
  • 高度なデータドリブン アトリビューションがもたらす戦略、および戦術面の 4 つのメリット

記事

購入プロセスに高度なアトリビューションを適用。

記事を表示