注目コンテンツ

データ分析: 効果的な意思決定のためのマトリックス

何かの状況を把握する際、1 つのデータポイントだけでは正確な判断はできず、大量の統計情報があったとしても必ずしも十分ではありません。指標の有効性を高めるには前後関係が必要です。しかし、数あるデータやマイレポートを駆使してデータを分析するのは、容易なことではありません。では、そうした指標をどうすれば体系的に有効活用できるのでしょうか。

この記事では、アナリティクス アドボケイトの Daniel Waisberg が、スムーズなデータ分析を実現するフレームワークを提案します。TITE(Time、Interaction、Trend、Event)というマトリックスを使用すれば、データを体系的に処理して意味のある情報に変換することができます。

データの有効性を高める。

前後関係がわかれば、より正確な意味のある結論を導き出し、効果的な意思決定が行えます。データの前後関係の理解を促進する TITE マトリックスを使用すれば、データのより詳細な分析が可能で、どのような対応を取るべきか適切に判断することができます。

この記事では、次のテクニックについて詳しく学ぶことができます。

  • 時間経過のデータポイントを比較し、企業の業績の変化を把握する
  • 顧客とのすべての接点を見直し、すべてのタッチポイントが測定され、データがレポートに表示されるようにする。これにより、顧客の行動を総合的に把握できる
  • 業界の傾向を把握し、業績が向上、悪化している状況を平均と比較する
  • 業績に影響する可能性のある業界のイベントに注意する

ホワイトペーパー

Daniel Waisberg 氏が、実用的なインサイトを引き出すためのフレームワークを公開しています。

ダウンロード