よくある質問

Google タグマネージャの使い方に関する
よくある質問をご紹介します。

タグと
タグ管理について

すべて展開する すべて閉じる
  • タグとは?

    タグとは、ウェブサイトに追加できる短いコードのことです。タグを利用することで、トラフィックやユーザー行動の測定、オンライン広告やソーシャル チャネルの影響力の把握、リマーケティングやオーディエンス ターゲティングの実施、サイトのテストと改善といったことが可能になります。

  • タグの管理は必要ですか?

    効率的な管理方法がない状態でタグを追加することが、深刻な問題の原因になる場合もあります。コードの量が増えるとサイトの動作は遅くなります。タグの重複や適用ミスがあると測定が混乱し、余分な費用やデータ損失の原因となります。また、新しいタグの追加は、IT 部門やウェブマスター チームにとって時間のかかる作業となることもあり、重要なマーケティング プログラムや測定プログラムの遅延につながります。Google タグマネージャでこうした問題を回避すれば、マーケティング キャンペーンの運用に注力できます。

  • タグ管理システムは必要でしょうか?

    新しいタグを導入する作業のために待ち時間が生じたり、タグが増えたためにサイトの動作が悪くなったりしたことはありませんか?効率的にデータを収集できているかどうか自信がないことはありませんか?こういった場合に Google タグマネージャが役立ちます。

  • Google タグマネージャはどのような仕組みで動作するのですか?

    Google タグマネージャでは、使用するタグに加えて各タグをサイト上で配信するタイミングを定めたトリガーも管理します。ユーザーがサイトを訪問すると、最新のタグ構成と配信すべきタグに関する指示が、そのエンドユーザーのブラウザに送信されます。詳細については、Google タグマネージャの仕組みをご覧ください。

  • 私はウェブマスター / IT チームに所属しています。マーケティング担当者が Google タグマネージャで独自のタグを追加することで、サイトに不具合が生じることはありませんか?

    ご安心ください。タグマネージャには、タグプレビュー モード、自動エラーチェック機能(タグの形式が間違っている場合にコンテナの公開を防ぐ機能)、エラー回復機能(バージョン履歴など)が組み込まれており、サイトの不具合を招くタグは設定できないようになっています。さらに、ユーザー権限の管理も可能で、ユーザーごとに異なるレベルのアクセス権を設定できます。

  • タグマネージャは今後もアップデートされますか?

    日々、少しずつ更新を続けています。今後もアップデートをご期待ください。

タグとデータ

すべて展開する すべて閉じる
  • これまで使っていた古いタグはどう処理すればよいですか?

    現在使用しているタグはすべて、Google タグマネージャの新しいコンテナに移してください。それらのタグの配信についても、トリガーの指定による柔軟な制御が可能です。また、非同期のタグ配信、プレビュー、構文の検証といった、Google タグマネージャのその他の機能もご利用いただけます。

  • データ履歴は失われませんか?

    データはすべて引き続き同じアカウントに蓄積され、重要な履歴が失われることはありません(他のタグ移行プロセスと同様に、数秒から最大で数分間のデータが失われる可能性は若干ありますが、タグそのものが正しく動作しない状況と比べれば、メリットのほうがはるかに大きいと言えます)。

  • タグはすべて移行する必要があるのですか?

    Google タグマネージャを最大限に活用していただくため、測定やマーケティングに使用するすべてのタグを移行することをおすすめしています。ただし、一部のタグだけを移行する、あるいは一部のページにのみタグを設定するといった導入方法でも、Google タグマネージャは問題なく動作します。

  • タグを後から追加 / 編集することはできますか?

    はい。タグの追加や更新はとても簡単で、必要なときにいつでも行うことができます。Google タグマネージャの管理画面だけですべての操作が完了し、サイトのコードを直接扱う必要はありません。

  • すべてのタグの配信を Google タグマネージャに任せても心配ありませんか?

    安心してお任せください。Google タグマネージャの高速な読み込みと精密なタグ配信トリガーにより、必要なタイミングで確実にタグを配信でき、概して得られるデータの量も信頼性も導入前より向上します。Google の「アップタイム」率は 99.9% であり、Google タグマネージャを使用している限りタグの配信が失敗することはまずありません。

  • Google 以外のタグについてはどうですか?

    カスタム コードを追加することで、あらゆるタグを扱うことができます(Google タグマネージャ利用ポリシーも併せてご確認ください)。また、今後数か月のうちに、Google 以外の測定 / マーケティング タグ向けのテンプレートが Google タグマネージャに追加される予定です。

    タグ技術を提供している企業の方で、Google タグマネージャに自社タグ対応テンプレートの追加を希望される場合は、こちらからお申し込みください。

設定と使用方法

すべて展開する すべて閉じる
  • 導入にはどれくらいの時間がかかりますか?どういったリソースが必要でしょう?

    アカウントの設定は数分で完了します。すでにサイトに導入されているタグがあれば、Google タグマネージャに移行できるよう、どういったタグがあるか把握しておきましょう。この作業は 1 時間以内と見込まれますが、サイトの規模や移行するタグの数によってはもう少しかかることもあります。マーケティング担当者の方は、ウェブマスターや IT チームと相談されることをおすすめします。Google タグマネージャの導入が完了すれば、その後はウェブマスターや IT チームの手をわずらわせる必要はありません。ヘルプセンターの記事もご覧ください。設定とワークフローについてはこちら、ご利用前の検討事項についてはこちらで解説しています。

  • Google タグマネージャの設定に API を使用できますか?

    はい。デベロッパーや IT スタッフなら、Google Tag Manager API を使用してアプリケーションをカスタマイズできるはずです。

  • ウェブサイトが特に大規模または複雑な場合はどうなりますか?

    ほとんどの場合、設定はすばやく簡単に行うことができます。ただし、特に複雑なサイトの場合は、導入のエキスパートにご依頼いただくことも可能です。こちらのリストより Google 認定パートナーをお探しください。パートナーはいずれも Google による十分な審査を受けており、厳格な資格基準を満たしています。

  • Google の他のサービスには対応していますか?

    はい。Google タグマネージャには、AdWords コンバージョン トラッキング、Google アナリティクス、DoubleClick Floodlight、AdWords リマーケティングの各サービス向けのタグ テンプレートがあらかじめ組み込まれています。詳細については、タグ テンプレートをご覧ください。

  • DoubleClick の Floodlight タグを使用しているのですが、Google タグマネージャでの Floodlight 対応はどのようになっていますか?

    現在、DoubleClick ユーザーの多くは、コンテナ タグとコンバージョン トラッキング タグ、リマーケティング タグの両方の用途に Floodlight を使用しています。Google タグマネージャは Floodlight より幅広いタグ管理技術を提供するため、Floodlight をお使いの方には Google タグマネージャへの移行をおすすめしています。既存の Floodlight タグは、Google タグマネージャに組み込まれた Floodlight テンプレートを使って移行できます。これによって、今後の Floodlight タグの追加が容易になり、変数の収集はよりすばやく、ミスも少なくなります。

    ただし、Floodlight タグのコンバージョン トラッキング機能とリマーケティング機能は Google タグマネージャでは代替できないため、注意が必要です。DoubleClick でこれらの機能を使用する場合は、引き続き Floodlight をご利用ください。また、Google タグマネージャには高度なコンテナ機能が組み込まれているため、Floodlight のデフォルト セクションのタグは Google タグマネージャに移行し、パブリッシャー セクションのタグは Floodlight に残して、ラストクリックやビュースルー タグ配信を活用することをおすすめします。

  • モバイルサイトや他のプラットフォームでも使えますか?

    はい。Google タグマネージャはモバイルサイトでもご利用いただけます。また、他のプラットフォームについても対応を進めています。モバイル向けのタグと通常のウェブサイトのタグを、同じ Google タグマネージャ アカウントで管理できます。

  • モバイルアプリにも使えますか?

    モバイル アプリ向け Google タグマネージャを使用すると、既にユーザーがダウンロードしたアプリにもタグを設定できます。その機能とモバイルアプリの設定方法の詳細をご確認ください。

  • サイトに Google タグマネージャを追加すると、ページの読み込み時間に影響しますか?

    Google タグマネージャでは、タグの配信はすべて非同期的に行われます。このため、ページ内のユーザーが目にする部分の動作がトラッキング タグによって遅くなることはありません。また、特定のタグの読み込みや実行に時間がかかっても、他のタグの処理には影響しません。結果として、サイトの総合的な読み込み時間は、Google タグマネージャを利用することでむしろ短縮される可能性さえあります。

  • サイト全体でタグを設定し直したくない場合、Google タグマネージャを使用できますか?

    Google タグマネージャのメリットを十分に得られるよう、サイト全体に対してタグ設定を行い、トラッキング タグをすべてタグマネージャに移行することを強くおすすめします。こうすることで、将来タグを追加 / 編集する際もサイトにタグを再設定する必要がなく、Google タグマネージャ内ですべて管理することができます。ただし、一部のページのみにタグを設定した場合も、タグマネージャは問題なく動作します。

プライバシー

  • Google タグマネージャはデータ収集を行っていますか?Google は収集したデータをどのように使用するのですか?

    Google タグマネージャは、ウェブサイトのタグを単一の管理画面で管理できる、マーケティング担当者向けソリューションです。タグの設定を行うタグマネージャそのものは Cookie 不使用のドメインであり、個人を特定できる情報を収集することはありません。一方で、タグマネージャが呼び出す外部タグがデータを収集する可能性はありますが、このデータに Google タグマネージャがアクセスすることはありません。また、ユーザーがドメインまたは Cookie のレベルでタグによるデータ収集を無効化している場合、その設定は Google タグマネージャが扱うすべてのトラッキング タグに対して有効です。

    一部の機能を実現するため(たとえば AdWords コンバージョン トラッキングの新規タグ追加を容易にするため)に、本サービスのデータ(アカウント情報など)を Google の他のサービスと共有するようお願いする場合があります。また、サービス改善のため、Google のエンジニアはサービスの利用状況に関する情報を定期的に確認しています。しかし、こういったデータがお客様の同意を得ることなく Google の他のサービスと共有されることはありません。

    詳しくは当サービスの利用ポリシーをご覧ください。

広告代理店様向けの情報

すべて展開する すべて閉じる
  • Google タグマネージャは広告代理店が利用しても問題ありませんか?

    はい。Google タグマネージャは広告代理店とエンド クライアントの両方を念頭に置いた設計となっています。Google のマルチアカウント機能により、Google タグマネージャにログインすると、管理対象のすべてのアカウントが表示されます。クライアントと相談して適切なワークフローとユーザー権限を決め、効率的なタグ管理を行うことができます。

  • アカウントの作成は代理店とエンド クライアントのどちらが行うべきですか?

    エンド クライアントが自社アカウントを作成し、その後ユーザー権限機能で代理店にアクセス権を与えるプロセスをおすすめします。