機能

Google タグマネージャには、タグ運用の負担を軽減するさまざまなツールが組み込まれています。ここでは主な機能について詳しく説明します。

タグの技術

Google タグマネージャでは、タグの配信や定義を綿密に管理できます。

すべて展開する すべて閉じる
  • タグの非同期読み込み

    Google タグマネージャのタグ配信は非同期であり、すべてのタグがそれぞれ独立して読み込まれたり、他のページ要素と同時に読み込まれたりします。読み込みの遅いタグがあっても遅延は生じず、各種要素はスムーズに読み込まれ、データ収集はすべてのコンテンツが表示される前でも開始できます。

  • モバイルアプリのサポート

    Google タグマネージャは Google のモバイル デベロッパー向けプラットフォーム Firebase と連携可能です。これにより、マーケティング チームと開発チームの協働がかつてないほど容易になります。

    アプリ内のデータ分析は Firebase 向け Google アナリティクス により標準化されています。Google タグマネージャは Firebase 向け Google アナリティクス のイベントを捕捉し、タグマネージャの管理画面で設定したルールに基づいてイベントの修正やルート変更を行うことができます。マーケティング担当者はタグマネージャで測定対象をいつでも変更でき、Google の他のソリューションやサードパーティ(Kochava、Tune、Adjust など)にデータを送信することもできます。

  • 再利用可能な変数を定義する

    ページ上の最も重要なデータ要素を選択し、変数を使って簡単に収集できます。たとえば、「合計金額」の場所を定義すると、Google タグマネージャがその値をすべてのタグに渡すことができます。

  • 高度なキャッシュ機能

    Google タグマネージャの高性能のキャッシュ機能が、サーバーに対するリクエストの回数を減らし、余った帯域幅を他のタグの配信に割り当てます。

  • タグのブラックリスト

    タグのブラックリストでサイトに絶対に追加できない特定のタグやタグの種類を定義できるので、不正なソフトウェアからサイトを守ることができます。

ユーザビリティ

Google タグマネージャはマーケティング担当者を対象に設計されていますが、ウェブマスターや IT 担当者にも効果的にご利用いただけます。

すべて展開する すべて閉じる
  • 使いやすい管理画面

    Google タグマネージャは、Google の設計思想に従い直感的で使いやすくなっています。

  • わずか数秒で公開

    タグの追加や既存のタグの編集は数クリックで実施できます。そうした変更の公開もわずか数秒で完了します。

  • プレビュー モード

    タグの設定変更を実際にサイトに反映する前に、動作を確認したい場合もあります。プレビュー モードなら、新しい設定の動作を公開前に確認できます。

  • デバッグ コンソール

    プレビュー モードでは、複雑なウェブ開発ツールに頼ることなくタグの配信状況を簡単にチェックできます。詳細については、デバッグ コンソールの説明をご覧ください。

  • サイト内のタグの概要

    コンテナ内のすべてのタグと関連するトリガーを一目で確認できます。タグの変更、削除や新しいタグの追加をいつでも実施できます。

  • バージョン履歴

    バージョン履歴ではサイト上で公開された内容を記録し、必要に応じて前のバージョンに簡単に戻すことができます。

  • インスタント検索とオートコンプリート

    Google タグマネージャのコンテナ内の要素を何でも簡単に見つけることができます。

  • キーボード ショートカット

    パワーユーザー向けの機能で、設定を迅速に適用できます。

アカウントと
ユーザーの役割

特定の権限を有する管理者を選んでタグやその他の設定を共有でき、変更内容の公開は IT チームのみに限定することも可能です。

すべて展開する すべて閉じる
  • マルチアカウント対応

    代理店が複数のクライアントのアカウントを管理している場合に、すべてのアカウントを 1 か所で見渡すことができ、アカウントのシームレスな切り替えも可能です。

  • マルチユーザー対応

    1 つのアカウントを複数のユーザーで使用できるため、チームのコラボレーションが促進されます。

  • ユーザー権限

    ユーザー権限の管理システムでは、ユーザーごとにアクセス権を割り当てることができます。たとえば、マーケティング担当者には設定の変更を許可し、変更内容の公開はウェブマスター チームだけに許可することができます。

トリガー

カスタムタグと同じようにタグの配信のタイミングや方法を管理し、必要なデータだけを取得できます。

すべて展開する すべて閉じる
  • URL ベース

    ページの URL に基づくタグ配信の設定が可能です。たとえば、ページの URL が注文完了ページと一致している場合にタグを配信できます。

  • 参照 URL ベース

    ページの参照ソースに基づくタグの配信設定が可能です。たとえば、ユーザーがアフィリエイト経由でページにアクセスした場合や、サイトの特定のページから直接アクセスした場合にのみタグを配信できます。

  • イベントベース

    ユーザーの行動に基づくタグの配信設定が可能です。たとえば、ファイルのダウンロードや動画の視聴といった行動でタグを配信できます。

  • カスタム変数

    ページ内の要素やデータの値に基づいてタグを配信するようにカスタム変数を定義できます。たとえば、特定の金額以上の商品が売れた場合にタグを配信できます。

統合と
テンプレート

Google タグマネージャは Google 以外の計測タグやマーケティング タグ(多くは組み込みテンプレート)にも対応しており、必要に応じて新しいマーケティング ツールをすぐに導入できます。

すべて展開する すべて閉じる
  • タグ テンプレート

    Google タグマネージャには、Google のタグだけでなくサードパーティ ベンダーのタグ テンプレートも組み込まれています。タグ テンプレートは新しいものが常時追加されています。

    タグ技術を提供している会社で、タグベンダーとして Google タグマネージャにタグ テンプレートを組み込みたい場合は、Google までお問い合わせください。

  • カスタム画像タグ

    タグ テンプレートとして組み込まれていない画像タグを追加する場合は、タグの種類としてカスタム画像タグを選択してください。

  • カスタム HTML タグ

    タグ テンプレートとして含まれていない HTML タグを追加する場合は、タグの種類としてカスタム HTML タグを選択してください。

  • カスタム JavaScript

    カスタム JavaScript タグはカスタム HTML 機能を使って追加します。<script> </script> で JavaScript を囲んでください。

自動タグ管理

機能豊富な Google Tag Manager API で顧客企業のシステムをカスタマイズできます。独自のツールを作成したり、既存のワークフローに合わせてシステムに統合することが可能です。

  • API

    タグマネージャはシステムに簡単に統合できます。ユーザー アクセスの管理からコンテナとタグのプレビューや公開まで、ウェブ上の管理画面で利用できる強力な機能を API でも存分に活用できます。