Chrome はユーザーのプライバシー保護とプライバシー管理機能を備えています。

オンラインでの安全性の維持は、Chrome の設計理念の一部です。Chrome では、使いやすいプライバシー管理機能により、ニーズに合わせて設定を調整し、ブラウジング環境をカスタマイズできます。

安全性

「安全確認」でオンラインの安全性を確保

「安全確認」は、ブラウジング環境の全体的なセキュリティとプライバシーを確保するために役立ちます。Chrome に保存したパスワードが不正使用された場合や危険な拡張機能を検知した場合に通知し、常にセキュリティ保護を最新の状態に保ちます。

同期が有効になっている Google アカウントおよび同期の設定が表示された Chrome ブラウザ ウィンドウ。

コントロール

簡単かつ完全に管理

Chrome のプライバシー管理で、閲覧履歴の消去、Cookie の管理、位置情報やカメラへのアクセスなどのウェブサイト権限の管理が可能です。

モバイル デバイスで表示されている Chrome ブラウザの [プライバシーとセキュリティ] 設定ページ。

更新

手動のセキュリティ対策は不要

Chrome は 6 週間ごとに更新されます。常に最新のセキュリティ機能と修正プログラムが適用され、ユーザーをマルウェアやフィッシングなどのセキュリティ脅威から保護します。

Chrome ブラウザ ウィンドウの右上に目立つように表示されている更新プロンプト。

Google 提供のブラウザをダウンロード