Google クラウド プリント対応アプリ
以下のアプリでは、Google クラウド プリントを使った印刷ができます。印刷ジョブを送信した後は、Google クラウド プリントの管理ページで進行状況を確認できます。

すべての端末

Google Chrome
Chrome ブラウザで開いているタブを Google クラウド プリントで印刷できます。Chromebooks では、Google クラウド プリントがデフォルトの印刷オプションに設定されています。
モバイル向け Google アプリ
スマートフォンのブラウザで Gmail や Google ドライブを利用している場合は、Google クラウド プリントを使ってメール、ドキュメント、スプレッドシート、その他の Google ドライブのファイルを印刷できます。また print2docs 機能を使用して、あらゆるファイルを Google ドライブのアカウントに保存し、安全に保管することもできます。

Android 搭載端末

PrinterShare™ Mobile Print
Mobile Print は、Google クラウド プリントを含むさまざまな印刷方法に対応した Android アプリです。画像やウェブページ、予定、連絡先、テキスト メッセージ、メール、Google ドキュメントなどのファイルを印刷できます。
Fiabee
クラウド同期アプリの Fiabee を利用すると、Android アプリや Chrome アプリから Google クラウド プリントを使用して印刷できます。
Google クラウド プリント
クラウド プリントは、Android 搭載端末から Google クラウド プリントに印刷するための公式 Android アプリです。クラウド プリントをインストールしたら、ドキュメント、写真、PDF などをアプリと共有し、プリンタと印刷オプションを選択します。あとは [印刷] をタップするだけです。アプリを開くと、直近に送信した印刷ジョブと現在の進行状況を確認することができ、またダウンロードしたファイルを選択して印刷することもできます。

iOS 端末

PrintCentral Pro
PrintCentral Pro は、Google クラウド プリントを含む多くのサービスに印刷できる iOS アプリです。メールや添付ファイル、連絡先、ウェブページ、テキスト メッセージなどを印刷できます。

Mac または Windows パソコン

任意のウェブブラウザ
ウェブページに Google クラウド プリントのロゴが付いた [印刷] ボタンが表示されている場合は、ブラウザから直接印刷できます。
Windows 用 Google クラウド プリンタ
Google クラウド プリンタを使用すると、Windows のどのアプリからもクラウド プリンタに簡単に印刷できます。プリンタをインストールするだけで、他のアプリから普段印刷するときと同様に印刷できます。

企業向け、教育機関向け

Google クラウド プリント コネクタ
Google クラウド プリント コネクタは、Chrome に組み込まれたスタンドアロン版のコネクタです。このコネクタを使用して従来のプリンタを Google クラウド プリントに接続することにより、プリンタをどこからでも利用できるようになります。Chrome コネクタとは異なり、スタンドアロン版は Linux または Windows サービスとして動作します。管理しやすく、また障害からの回復に優れているため、職場や学校での使用に適しています。
uniFLOW
uniFLOW は、印刷やスキャンを安全に管理するための企業向けシステムです。組織での印刷処理の制御と管理に使用できます。uniFLOW を使用すると、どのプリンタでも、会計や予算管理の機能、ジョブ ルーティングの機能、セキュアな印刷機能を利用できるようになります。ユーザーは、Google クラウド プリント、Windows や Mac クライアント、メール、モバイル端末からジョブを送信できます。
PaperCut
PaperCut を使うと、Google のクラウド プリント対応端末からの印刷ジョブについて、進行状況を確認したり制御したりできます。PaperCut で管理するプリンタはすべて Google クラウド プリント対応となり、ユーザーのアカウントは Google の識別情報を使ってマッピングされます。