Google マップ & Google Earth

Google Earth、Google マップ、ストリートビューのクリエイティブな使い方についてご検討いただきありがとうございます。

以下のガイドラインは、商用目的以外でこれらのサービスを使用するためのものです(下記の限定的使用例を除く)。Google マップ、Google Earth、またはストリートビューを他の商用目的、つまり「販売または利益目的」で使用する場合は、Google Cloud カスタマー チームまでお問い合わせください。

Google では、地図関連サービスのさまざまな利用方法(広告宣伝資料、映画、テレビ番組、書籍、学術論文など)について、お客様から数多く寄せられる質問にお答えするためにこのページを作成しました。


はじめに

基本的には、Google の利用規約に従い、権利帰属が明確に表示されていれば、用途に応じて、Google マップ、Google Earth、ストリートビューの画像を自由にお使いいただけます。

ここでは、各用途についてさらに詳しく説明します。最初に、下記の一般的なガイドラインをお読みください。このガイドラインの内容はすべてのプロジェクトに適用されます。その後、目的の項目をクリックして詳しい説明をお読みください。

  • 一般的なガイドライン 一般的なガイドライン

    一般的なガイドライン

    Google マップと Google Earth の「コンテンツ」(Google マップ / Google Earth 追加利用規約で定義)には、地図と地形データ、画像、ビジネス リスティング、交通状況、クチコミなど、Google、そのライセンサー、およびユーザーによって提供されるすべての関連情報が含まれます。

    このガイドラインでは「コンテンツ」の使用方法について説明します。ただし、Google マップと Google Earth の両方に表示されるストリートビュー画像の使用に関しては別途ガイドラインが設けられています。ストリートビュー画像の使用ルールについては、下記をご覧ください。

    利用規約

    Google のコンテンツを適切にお使いいただくため、まず、以下をお読みください。

    原則として、コンテンツは上記のライセンスに則ってお使いいただく必要があります。

    フェアユース

    Google からユーザーに付与されるライセンスとは別に、「フェアユース」の原則に基づきコンテンツの使用が認められることがあります。フェアユースとは、「特定の状況においては、著作権保持者の許可を得なくても著作物を使用できる」とする米国著作権法の考え方です。

    米国以外の国の著作権法にも同様の(ただし多くの場合、より限定された)概念があります。たとえば、多くの国において「フェア ディーリング」として知られる概念があります。ユーザーが Google のコンテンツを使用する際、それがフェアユースにあたるかどうか、またはフェア ディーリングとみなされるかどうかを Google は判断できません。これを判断するには、コンテンツの使用に関する具体的な事実をすべて踏まえたうえで法的に分析する必要があります。著作物のフェアユースに関する不明点については弁護士に相談することをおすすめします。

    書面による許可

    Google では限られた担当者で対応しなければならないため、コンテンツの明示的な許可を求める書簡や契約書に署名するという方法はとっておりません。このページのガイドラインに従い、コンテンツの権利帰属を正しく表示することを条件に、各プロジェクトでコンテンツを自由に使っていただいてかまいません。

    権利帰属

    コンテンツを使用するときは、その権利帰属(Google とデータ提供者)をコンテンツが表示されている間、明確に表示する必要があります。権利帰属表示をエンド クレジットに移動したり、数秒後に消したりすることはできません。

    (a)基本地図、ストリートビューのパノラマ画像マイマップを埋め込む、(b)ウェブまたはアプリケーションで該当の Google API を使用する、(c)Google Earth プロまたは Earth Studio(パソコン用)を使用する場合は、必要な帰属表示が地図に取り込まれるため、その他のクレジットは必要ありません。クレジットおよびデータ提供者の適切な表示方法については、権利帰属表示のガイドラインをご覧ください。

    権利帰属表示に関する Google の要件にご同意いただけない場合は、データ提供者に連絡し、コンテンツの使用権を直接購入できるかどうかお問い合わせください。データ提供者の連絡先は該当するウェブサイトに記載されています。

    地図のカスタマイズ

    Google の地図には、ポイント、ライン、ラベルなどの情報を追加できます。Google の多くのツールには、これらの情報を簡単に追加するための機能が備わっています。たとえば、Google マイマップでは、地図上にラインやシェイプを描くことができます。また、スタイル ウィザードを使用すれば、地図上の要素の色を個別に変更したり(水面を紫色にするなど)、各要素の表示と非表示を切り替えたり(道路を非表示にするなど)できます。これらの機能では不十分な場合は、Google Earth または Earth Studio から 画像を書き出し、サードパーティ ソフトウェアを使って独自のラベルやグラフィックを追加できます。

    地図に情報を追加する際、Google マップ、Google Earth、Earth Studio、ストリートビューの外観を大きく変えることはできません。たとえば、インターフェースの色を変えることはできません。

    Google Earth と Earth Studio のコンテンツについては、シミュレーション、予測、架空のコンテンツであることを明確に表記せずに画像を大きく変えることはできません。

    禁止行為

    Google Earth、Google Earth プロ、Earth Studio の出力から 3D モデルを再構成したり、類似のコンテンツを作成したり、利用規約に違反する他のコンテンツ、プロダクト、サービスを作成したりすることはできません。

  • 印刷物での使用 印刷物での使用

    印刷物での使用

    Google マップと Google Earth には、印刷機能または(Earth Studio への)書き出し機能が備わっています。商用目的でなければコンテンツを印刷し、拡大する(地図に道順を表示するなど)ことができます。コンテンツを含む印刷物を配布する場合は、最初に上記の一般的なガイドラインをお読みになり、特にフェアユースと権利帰属に関する規約にご留意ください。

    使用目的 使用可 / 不可 追加情報

    書籍

    配布数が 5,000 部以内か、コンテンツをガイドブックで使用しない限り、数枚の画像を使用するのは問題ありません。

    定期刊行物

    新聞、雑誌、ジャーナルなど。

    レポートとプレゼンテーション

    調査報告書、社内レポート、プレゼンテーション、提案書、その他のビジネス文書など。

    ガイドブック

    不可

    道案内を目的とする印刷物(旅行ガイドなど)の主要な要素として、コンテンツを使用することはできません。

    日用品

    不可

    商品や商品パッケージなど(例: T シャツ、ビーチタオル、シャワー カーテン、マグカップ、ポスター、文房具)。

    印刷広告

    不可

    デジタル媒体やテレビでの使用については、広告の項目をご覧ください。

    Google マップの画面を高解像度またはベクター形式で書き出すことはできませんが、Google Earth プロまたは Earth Studio (パソコン用)をお使いいただくと、高解像度の JPEG 画像を保存および印刷ができます。画像の書き出しは最高画質 4K まで対応しています。

  • テレビと映画での使用 テレビと映画での使用

    テレビおよび映画での使用

    Google Earth および Google Earth Studio

    Google Earth および Earth Studio は、このページに記載されている一般ガイドライン(特に帰属表示に関するガイドライン)に即していれば、テレビ番組と長編映画で使うことができます。これには、ニュース放送、短編映画、ドキュメンタリーなどのあらゆるテレビ番組と映画が含まれますが、プロモーション映画、広告、コマーシャルは含まれません。この「Google Earth および Earth Studio のコンテンツ使用ライセンス」は、配信先のプラットフォーム(およびテクノロジー)の種類にかかわらず、あらゆる種類の映画に適用されます。ただし、こちらの国や地域を配信元または配信先とするコンテンツには適用されません。

    Google Earth または Earth Studio をご利用の際は、事前に Google のライセンス条項利用規約をご確認ください。また、ご利用内容をこちらでご登録ください。Google Earth を独創的にご利用いただき、活用内容を共有していただければ幸いです。

    Google マップおよび Google ストリートビュー

    Google マップやストリートビューをご利用の場合、または Google の地図関連サービスを参照する場面がある場合(たとえば、俳優がスマートフォンで Google マップを使う場面や、取材を受けている人がどのように Google マップを使って情報収集したか実演してみせる場面がある場合)は、エンターテイメントとメディアのページに記載されたガイドラインに即して、承認の取得に向けてプロジェクトを必ず送信してください。

  • ウェブやアプリケーションでの使用 ウェブやアプリケーションでの使用

    ウェブやアプリケーションでの使用

    Google のコンテンツをウェブやアプリケーションで使用する場合は、まず、このページ冒頭の一般的なガイドラインをお読みいただき、特に権利帰属表示にご留意ください。

    埋め込み可能な地図

    Google では、地図やストリートビューを作成し、ウェブサイトやアプリケーション内に埋め込む際に役立つさまざまな API を提供しています。これらの API の使用には制限事項が適用される場合があります。Google の基本地図やストリートビューのパノラマ画像をそのままウェブサイトに掲載する場合は、こちらでその方法をご確認ください。

    Google Earth の画像

    多くのニュースサイト、ブログ、教育サイトなどから、Google Earth の現在の画像や過去の画像は役立つため、Google Earth や Earth Studio の静止画をそのまま、もしくはラベルや地物を追加して使用したいとのご要望が寄せられています。

    数枚の Google Earth の画像をニュース記事やブログに掲載することは可能です。その際には、権利帰属表示に関するガイドラインをご確認ください。こうした目的では、Google Earth プロEarth Studio(ウェブ用)の使用もご検討ください。

    Google Earth 動画

    Google Earth や Earth Studio で作成したレクリエーション目的のコンテンツをオンライン(YouTube など)で配布するだけの場合は、特に許可を得る必要はありませんが、その他の用途と同じ権利帰属表示に関するガイドラインが適用されます。オンラインで表示される広告 / 商用、宣伝目的のコンテンツには適用されません。

  • 広告での使用 広告での使用

    広告での使用

    デジタル

    Google のコンテンツをデジタル広告で使用する場合は、まず、このページ冒頭の一般的なガイドラインをお読みいただき、特に権利帰属表示にご留意ください。

    Google マップをデジタル広告で使用する場合、サービスや画像の外観を大きく変更することはできません。詳しくは、「地図のカスタマイズ」をご覧ください。

    ストリートビューの画像をデジタル広告で使用するには、(1)画像を Google Maps API から直接取得するか、(2)Google マップの HTML と URL を使用して画像をウェブサイトに埋め込む、またはリンクすることが条件となります。

    Google Earth のコンテンツをデジタル広告で使用するには、Google の広告チームに直接ご相談ください。

    テレビと印刷物

    テレビ CM で Google マップのコンテンツを使用する場合は、「エンターテイメントとメディア」に関するガイドラインを参照して、ブランドの承認をリクエストしてください。テレビ CM で Google Earth またはストリートビュー画像を使用することはできません。

    印刷広告では、Google マップ、Google Earth またはストリートビューの画像を使用することはできません。

  • ストリートビュー画像の使用 ストリートビュー画像の使用

    ストリートビュー画像の使用

    ストリートビューの画像をプロジェクトで使用する場合は、まず、このページ冒頭の一般的なガイドラインをお読みいただき、特に権利帰属表示にご留意ください。

    ストリートビューの画像を使用するときは、次のいずれかの方法で取り込んでください。

    上記の方法で画像を取り込んでいただくと、Google がユーザーの要求に応じて画像を編集または削除した場合、それらの変更がプロジェクトにも反映されます。

    禁止されている使用方法

    Google ではストリートビューを積極的にご活用いただきたいと考えていますが、一部の使用方法は禁止されています。禁止されている使用方法の例:

    • ストリートビューの画像からデータを作成すること(画像から情報をデジタル化またはトレースするなど)
    • アプリケーションを使用してストリートビューの画像情報を分析し、抽出すること
    • ストリートビューの画像をダウンロードして Google サービスとは別に使用すること(オフライン コピーなど)
    • 複数のストリートビューの画像を結合または合成して大きな画像を作成すること

    これらの制限は学術および商用目的のプロジェクトに適用されます。

  • 商標の使用 商標の使用

    商標の使用

    Google の商標は当社の貴重な資産です。ユーザーやパートナーの皆様には、Google の商標を正しくお使いいただくようお願いしております。該当する商標には、Google Earth の文字商標、Google マップの文字商標、Google Earth のロゴ、Google マップのロゴ、Google マップの赤いピン、ストリートビューの文字商標、ストリートビューのアイコン、ペグマンの文字商標、ペグマンのロゴが含まれます。

    Google Maps logo Street View icon Google Earth logoGoogle Maps red pin element Pegman logo

    使い方

    Google の商標は、使い方が適切であり、かつ Google の商標に関するガイドラインに従っていることを条件として、Google のサービスを正確に表記する際にお使いいただけます。使用できるのは、Google が承認した商標のみとなります。すべての一般的な商標の使用に関するガイドラインGoogle マップ プラットフォーム利用規約ストリートビュー認定バッジの使用に関するガイドラインに従ってください。商標の使用に関するガイドラインは、Google のプロダクトで以前使用されていた(現在は使用されていない)商標にも適用されます。

    禁止されている使用方法

    第三者のブランド名、プロダクト名、商号、商標、またはスローガンで Google の商標を使用したり、これらに Google の商標を取り入れたり、これらと Google の商標を組み合わせたりすることはできません。

    また、Google または Google の地図関連サービスが推奨している、あるいは Google または Google の地図関連サービスと提携しているかのような印象を与えるような方法で Google の商標を使用することはできません。不適切な使用例を次に示します。

    • ドメイン名の中で使用する
    • アプリのアイコンとしてまたはアプリ内で使用する
    • ウェブサイトで最も目立つように表示する
    • 商品、販促資料、名刺、事務用品で使用する
    • 商品レビューで使用する

    Google の商標を改変または模倣しないでください。

    引き続き Google マップ、Google Earth、ストリートビューをご活用いただければ幸いです。