セールスに役立つツールや資料

認定フォトグラファー向けのツールをご紹介します。スキルのある投稿者であることの証明、VR 形式でのストリートビュー体験の提供、ストリートビュー対応店舗の宣伝などにご活用ください。ストリートビューの効果を裏付ける資料については、バーチャル ツアーに関する統計をご覧ください。

「Step Inside」シール

  • Google ストリートビューを公開したビジネスを宣伝
  • シール 1 枚あたり 35¢ ~(注文数により)

認定バッジ ファイル

  • 条件を満たすストリートビュー投稿者は、下記のセールスとブランディングに関するガイドラインに従って認定バッジを使用できます
  • 条件を満たさない(または満たさなくなった)場合、このバッジは使用できません

Google Cardboard

  • ストリートビューをバーチャル リアリティで楽しむ
  • クライアントへのデモや、贈り物として
  • 100 個以上注文の場合、カスタムと低価格での購入が可能($7.79~)

認定フォトグラファーの役割

フォトグラファーや代理店の方にとって、ストリートビューの撮影は強力なセールス ポイントになります。一方、ビジネス オーナーの方にとっては、経験あるストリートビュー投稿者は手軽な露出向上の助けとなる存在です。どちらの立場であっても、双方の責任範囲をよく理解しておくことが重要です。以下の概要をご確認ください。

ブランドの取り扱いガイドライン

Google ストリートビューのブランドと認定バッジは、マーケティング資産として活用できます。認定フォトグラファーの方は、ぜひそうした資産を活用して有利なステータスをアピールしてください。認定バッジやワードマークに加え、Google や Google マップ、ストリートビューなどの関連ロゴといったブランディング要素も利用できます。こうした資産を使ってできること、できないことを以下にまとめましたのでご覧ください。なお、Google のブランド資産を許可されない方法で使用しているケースを見つけた場合は、不適切な使用として報告してください。

透明性の確保、ポリシーの遵守

Google ストリートビューでは、世界の様子をありのままに伝えることを重視しています。写真サービスのセールスを行う際は、同様に透明性の確保を心掛け、他の人、ブランド、地域の法律と関連して生じる義務と権利について正しく理解していただくようお願いいたします。