ストリートビュー事例紹介

バナー画像: Autori

ストリートビュー画像を着実に撮影し、フィンランドの道路維持管理に革命をもたらした Autori の事例をご覧ください。

世界中の運転者と自治体は、路面の状態、無効な古い標識、街路灯のない道路の問題に悪戦苦闘する日々を送っています。しかし、インフラ維持管理ソリューションを開発しているフィンランドのソフトウェア会社 Autori は、Google マップ ストリートビューを使って、道路単位のデータをより効率的に収集、分析する方法を考えました。

40,000 km

総撮影距離

800 万枚

公開された画像

5,000 万回

表示回数

道路データ

20 件

撮影プロジェクト数

フィンランドの道路維持管理を合理化

1988 年に設立された Autori は、フィンランドの道路管理局、建設業者、第三者コンサルタントに向けて、路面状況の管理、行動計画、メンテナンス作業調整用の SaaS ソリューションを提供しています。国土全体の路面状況の監視には多くの時間と莫大な費用がかかるため、他社ではコストが問題になりますが、Autori はユニークな視点でチャンスを獲得しました。同社独自のストリートビュー画像と SaaS ソリューションを駆使して、フィンランドの道路維持インフラデータの運用改善と意思決定力の向上を支援するツールを開発したのです。

スピードとデータ共有へのニーズ

これまで道路管理局は、各地で必要なメンテナンス作業を把握するため、すべての道路に実際に足を運ぶ必要がありました。何千キロもの距離を運転し、何度も車を停めて路面の状況を記録する作業は、環境に悪いだけでなく、多くの費用とリソース、そして莫大な時間を要します。こうした状況を打開する、環境に優しいデジタル ソリューションへのニーズから、Autori が真っ先に思い浮かんだ新たなアイデアが、ストリートビューを道路単位の「視覚化ソリューション」として活用することでした。

道路を継続的に維持するには、多方面の関係者の間で膨大な量のデータを頻繁に共有する必要があります。ストリートビューにはユーザー間での情報共有に必要なツールがすべて揃っており、誰もがスマートフォンで簡単にアクセスできます。ログインやソフトウェアのインストールも不要です。ストリートビューは以前から道路のメンテナンスに活用されてきましたが、ストリートビュー最大の課題は最新データの維持でした。そこで、道路のメンテナンス ソフトウェアとストリートビューを連携させれば、その問題を解決できるのではないかと考えたのです。

Ari Immonen 氏、Autori デジタル化コンサルタント部門責任者

ストーリー: Autori

道路交通安全に向けたオンラインとオフラインの連携

2017 年初頭、Autori はフィンランドの国道の 360° 画像を撮影し、同社の Google アカウントを使って画像をアップロードして公開する取り組みを開始しました。それ以来同社は 40,000 km の国道を撮影して 800 万枚の画像をアップロードし、道路のメンテナンスをオンライン化したのです。ストリートビューと同社の SaaS ソリューションを連携させることで、道路管理局が道路の最新状況にリモートで簡単に調査できるようになりました。

Autori がストリートビューで公開した画像のおかげで、欠落している道路標識やマーク、陥没箇所の報告をアップロードしてタグ付けすることが可能になりました。事務所にいながら Autori のダッシュボードで調査できる時代が来たのです。また、Autori のカスタマイズ可能なソリューションによって、建設業者も関連するメンテナンス作業をオンラインだけでトレースして計画できるようになりました。メンテナンス作業が終わったら、そのエリアの 360° 画像を作業者が撮影してアップロードします。これにより常に最新の道路データが維持されています。調査のために現地に足を運ぶ必要性が低減し、時間とお金、そして温室効果ガスの排出量も削減されています。

道路交通安全の取り組み全体を改革

Autori はストリートビューを利用してフィンランドの道路管理局の情報共有と状況認識の能力を改善し、費用削減と効率向上に貢献しました。こうした活動が世界中にプラスの効果をもたらすと見込んだ Autori は、道路データの収集と共有に関する将来的な標準モデルの確立に取り組んでいます。また、地方自治体の二酸化炭素排出量の削減を支援するため、サイクリング道路と歩行者専用道路を 1,000 km に渡って撮影しました。こうした努力のおかげで、道路の最新データが一般に提供され、近距離の移動には環境に優しい手段を人々が選べるようになりました。同社はこの夏にフィンランドの道路を 15,000 km ほど追加撮影する予定です。それが終われば全国道の約半数を撮影してストリートビューで公開したことになります。

Autori のように、ストリートビューを独自の方法で活用して複雑な問題を解決した例は他にも多くあります。ストリートビューは単なる写真による地図作成ツールという枠を超え、皆様のビジネスに計り知れないメリットをもたらす可能性があります。ストリートビューで、ご自身の成功事例をぜひ生み出しましょう。

PDF をダウンロード
バナー画像: タヒチ

趣味のレベルから世界のステージへ。仏領ポリネシアの魅力を地図にして発信し、この地に計り知れない恩恵をもたらした事例をご覧ください。

白い砂浜、なだらかなハイキング コース、ユネスコの世界遺産。ここ仏領ポリネシアは、皆が憧れる人気の観光地です。そこで Christophe Courcaud 氏は、ストリートビューで自宅に居ながらこの地を探索できるようにして、タヒチの観光業を盛り上げるユニークな取り組みを始めました。

1,800 km

総撮影距離

120 万枚

画像

8K

解像度の動画

8 島以上

撮影した島々

18 軒

公開したホテル

450 件以上

作成したビジネス
リスティング

2 つの情熱をビジネスに

ストリートビューと美しの仏領ポリネシアへの情熱から、Courcaud 氏は 2019 年に Tahiti 360 を設立しました。ハイキング コースやビーチなど、仏領ポリネシアの広大な風景を 360° 画像で撮影し、ストリートビューにアップロードする専門会社です。Courcaud 氏の一番の目的は風光明媚な島での暮らしを撮影して発信することですが、ストリート ビューの臨場感あふれるバーチャル ツアーは地元ビジネスの PR としても貢献しています。

仏領ポリネシアの地図を作成

あらゆる風景がデジタル メディアに収められた今の時代からすると信じがたいのですが、Courcaud 氏と Tahiti 360 が仏領ポリネシアにやって来るまで、島の画像は航空写真しかありませんでした。当時は、ボラボラやタヒチなどの島々の通りに名前が一切なかったことも移動のむずかしさに拍車をかけ、地元民にとっても観光客にとっても島内の行き来は困難でした。特に消防や救急、警察などの緊急機関の仕事は、必要以上に難しいものになっていました。

個人的に、ストリートビューには地域社会に多大に貢献するポテンシャルがあると信じてやみません。特に心を引かれていたのは、家から一歩も出なくとも行きたい場所の雰囲気をリアルに味わえる特徴です。自分の行きたい場所に簡単にたどり着けない仏領ポリネシアでは、特にうってつけだと思ったのです。

Christophe Courcaud 氏、Tahiti 360 創設者

ストーリー: タヒチ

ストリートビューが島の暮らしにもたらすメリットの大きさに気付いた自治体は。Tahiti 360 と連携。タヒチ、モーレア、ボラボラ、ライアテア、マウピティ、フアヒネ、ファカラバ、ランギロアの各島の地図を作成し、すべての道路に名前を付けました。Courcaud 氏はオフロード車、ゴルフカート、電動自転車、ジェットスキー、さらには馬も利用し、仏領ポリネシアの 1,800 km もの道のりを画像に収めました。彼が撮影した画像と関係機関から共有された地理データのおかげもあって、今ではタヒチの交通情報や最速ルート候補、ローカル ビジネスへの経路を Google マップで入手できるようになりました。特に恩恵を受けたのは緊急機関です。島のどこへでも効率的に出動できるようになったからです。また、ストリートビューで Tahiti 360 の画像を確認できるようになり、都市計画やビル管理、道路建設の業務も合理化されました。

ユネスコ世界遺産の遺跡にアクセス

Tahiti 360 で特に臨場感があるのは、ライアテア島のタプタプアテア ツアーです。この遺跡はユネスコ世界遺産に登録されており、毎年 30 万人を超える観光客を仏領ポリネシアに呼び込む目玉となっています。そして Courcaud 氏がその美しさを 360° 画像で撮影した今や、無数の人々が島の雰囲気を仮想空間で味わえるようになりました。彼がストリートビューで公開した画像のおかげで、世界最高レベルの絶景を手元の画面で探索できるようになったのです。

島全体を撮影することは決して容易ではありませんが、Courcaud 氏は諦めませんでした。ボラボラ島ではあらゆる風景を 360° 画像に収めるために車やボート、徒歩で島内を巡り、わずか 7 日間で島全体の地図を完成させました。おかげで今では島全体をストリートビューで回ることができます。

Courcaud 氏はボラボラ島に加え、タヒチの首都であるパペーテと、ピレーの町のすべての通りも撮影しました。この 2 つの町の画像がストリートビューに掲載されるようになると、その認知度は一気に向上しました。

また、地元のローカル ビジネスもストリートビューで PR できるようになりました。インターコンチネンタル、マナバ、ヒルトンといった大手のホテルグループだけでなく、比較的小規模な B&B ビジネスにとっても、世界でアピールできるチャンスは朗報だったのです。

「一生に一度は行きたい」場所の画像をさらに投稿

Tahiti 360 は今後、マウピティ、タハア、マルケサス諸島、ガンビエ諸島、オーストラル諸島を撮影し、仏領ポリネシアの全島の撮影を年内に終える予定です。仏領ポリネシアで撮影すべき場所はまだまだありますが、Courcaud 氏はもう次なる冒険について考えています。すでに彼の出身地フランスの地元当局と共同作業を進めることで合意し、400 km のサイクリング ロード、アミアンの湿地菜園(オルティヨナージュ)、Somme Tourisme の観光列車を撮影することにしています。また、2024 年のオリンピックでサーフィン競技の開催地となるチョープーも撮影する予定です。さらにその合間にニュー カレドニア、ウォリス フトゥーナ諸島の画像もストリートビューに追加して、地域住民の日々の暮らしを改善し、より多くの人々に探索してもらいたいと考えています。

共同編集型のプラットフォームであるストリートビューを使えば、臨場感あふれる画像を Google マップに公開することで地域社会の繁栄とビジネスの成長を支援し、世界の魅力的な場所を自宅で楽しめる環境を作り出せます。しかも、投稿して最初の一歩さえ踏み出せば、ストリートビューで誰でも自分の実績を地図で表すことができます。

PDF をダウンロード