ストリートビュー認定フォトグラファー ポリシー

このポリシーは、Google サービスで使用する画像を顧客の代わりに撮影するすべてのストリートビュー認定プログラム参加者に適用されます。

Google のストリートビュー認定フォトグラファー ポリシーでは、次の 4 つの項目について規定しています。


透明性に関する要件

Google サービスに画像をアップロードするメリットについて顧客の理解を十分に得られるようにするには、その顧客が適切な情報に基づいて意思決定を下せるようにする必要があります。そのため、認定プログラム参加者の方には、そうした意思決定に影響する情報で、透明性を確保していただく必要があります。また、下記の要件を満たしたうえで、顧客の要望に応じて関連情報を提供するために妥当な取り組みを行っていただくことも必要です。

写真サービスのセールスを行う際も、同じく透明性を確保し、他者および他のブランド、地域の法律と関連する義務と権利について理解しておくことが重要です。

サービス手数料と費用のアイコン

サービス手数料と費用

認定プログラムの参加者が提供するサービスの管理を有料で請け負う場合は、画像購入者に料金が請求されることを知らせる必要があります。新規顧客には、最低でも書面で情報を提供したうえで初回のセールスを行い、請求書で手数料と費用の有無を開示してください。

特に予算が比較的小規模な画像購入者は、大規模な画像購入者のようなリソースや専門知識を持っていない可能性があるため、ストリートビュー認定フォトグラファーを利用した場合の見積もりを提示しておくことが重要です。

誠意ある表示のアイコン

誠意ある表示

ストリートビュー認定プログラムの参加者は、Google に雇用されているかのような誤解を招く表現をすることはできません。顧客には完全に独立した事業体として偽りなくご自身を紹介し、Google に掲載する写真の撮影サービスという限定的な業務を行うことを伝えます。

個別の義務のアイコン

個別の義務

公開した画像は通常すぐに Google マップに表示されますが、マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシーまたは Google マップ利用規約に準拠していない画像は、後から不承認となる場合があります。

  • 委託撮影された画像が Google マップから削除された場合、その問題は当事者であるフォトグラファーおよびビジネス オーナーの間で解決する必要があります。
  • Google のポリシーに反する画像がある場合は、フォトグラファーが問題の画像を適宜修正するか差し替えて、Google マップで承認されるように対処することをおすすめします。また、不承認となった問題を解決できない場合には、顧客に撮影費用の全額を払い戻すことをおすすめします。

画像の所有権のアイコン

画像の所有権

フォトグラファーとビジネス オーナーが契約を結ぶ場合は、両当事者間で合意内容と保証、および今後の所有権に関する条項を定めた契約文書を交わすことをおすすめします。

  • 撮影が完了した画像の権利について、その帰属先を必ず明確に規定してください。 フォトグラファーが画像の権利を保有する場合は、ビジネス オーナーがフォトグラファーの著作権を侵害せずに画像を使える範囲を明確にしておきます。2 つのアカウント(フォトグラファーのアカウントとビジネス オーナーのアカウントなど)で同じ画像を重複して公開することはできません。

現地法の遵守のアイコン

法令遵守

顧客にサービスを提供する際は、あらゆる適用法を必ず遵守するようにしてください。提供するサービスのレベルや最終的な品質を偽って伝えてはいけません。また、依頼を受けたサービスの遂行に必要な保険に加入するようにしてください。

画像の表示のアイコン

画像の表示

Google マップに掲載される画像は、第三者の間で交わした契約上またはビジネス上の合意内容(ビジネス オーナーとフォトグラファーの間の合意内容など)に関係なくランク付けされます。ビジネス オーナーがフォトグラファーに有料で撮影を依頼した画像であっても、Google マップにおける画像のランク付けや表示の方法に影響を与えることはありません。

利益相反の回避のアイコン

利益相反の回避

Google の一部のプログラム、特にローカルガイド プログラムでは、プロフェッショナルでない立場での参加(つまり投稿するコンテンツに対して報酬を受け取っていないこと)を要件としています。有料サービスを提供している場合(たとえばストリートビューの認定フォトグラファーとしてマーケティングを行っている場合)は、こういったプロフェッショナルとしてのサービスを、中立性を示唆する非プロフェッショナルとしてのサービス(ローカルガイドとしての評価やクチコミの投稿など)とまとめて扱わないようにしてください。

ページの先頭 ページの先頭のアイコン


Google ブランドの適切な使用

Google マップ ストリートビューのブランドと認定バッジをマーケティング アセットとして使用できるのは、認定ステータスを取得しているフォトグラファーまたは企業のみです。認定フォトグラファーの方は、ぜひそうしたアセットを活用して有利なステータスをアピールしてください。認定バッジや文字商標に加え、Google マップやストリートビューなどの関連ロゴをはじめとするブランド要素も使用できます。こうしたアセットを使ってできること、および禁止されていることについては、以下をご覧ください。なお、Google のブランド アセットが許可されない方法で使われているケースを見つけた場合は、こちらから問題を報告してください。その他のブランド アセットの不適切な使用については、こちらから報告してください。

認定バッジの使用方法のアイコン

認定バッジの使用方法

  • 認定バッジとブランド要素は、ストリートビュー認定プログラムの認定メンバーの方のみ使用できます。
  • 認定バッジは、表示場所に関係なく、必ず白色を背景にして十分な余白を取って表示してください。
  • 認定バッジは、必ず氏名または会社名とロゴを組み合わせて使用してください。
  • 認定バッジとブランド要素は、ウェブサイト、プレゼンテーション、制服、販促用印刷物で使用できます。
  • ページや衣服では、バッジとブランド要素が他の要素よりも目を引かないようにしてください。
  • Google マップ、ストリートビュー、認定バッジのロゴや文字商標は、グラフィックを追加したり、画像を引き伸ばしたり、翻訳したりして改変しないでください。
  • バッジは、誤解を招く方法で使用または悪用しないでください。たとえば、商品やサービスを Google が保証しているかのように誤解させる使い方はできません。

サービスのセールス時のアイコン

サービスのセールス時

  • ビジネス サービスの一環として、洗練された 360° 写真を提供してください。
  • 顧客とのやり取りでは、認定プログラムに参加していることを隠したり、事実と異なることを伝えたりしないでください。
  • 有料サービスを提供している場合(たとえばストリートビューの認定プロバイダとしてマーケティングを行っている場合)に、こういったサービスをローカルガイドとしての身分と関連付けて扱わないでください。

ウェブサイトでのブランド表示のアイコン

ウェブサイトでのブランド表示

  • Google、Google マップ、ストリートビュー、認定バッジなどの Google 商標(または類似の要素)を、ドメイン名に使用しないでください。
  • 認定バッジはウェブサイトに表示できます。

車両でのブランド表示のアイコン

車両でのブランド表示

  • 車両にグラフィックを表示する場合は、ご自身のブランドとロゴのみを使用できます。
  • ストリートビュー アイコン、バッジ、ロゴといった Google のブランド要素は、車両に一切表示しないでください。

360° 画像の下端または上端のアイコン

360° 画像の下端または上端でのブランド表示

  • 自社のロゴや名前は、下端または上端に表示するサイズとして適切なものを使用してください。フォーマット特有の条件については、ポリシー ガイドラインをご覧ください。
  • 画像の下端や車両の屋根でブランド表示を使用する場合は、次の条件を満たしている必要があります。
    • ブランド表示を使用する権限がある。
    • 関連するコンテンツ(地域観光の宣伝など)またはそれ以外の帰属表示に限定されるコンテンツのみを表示している。
  • スポンサーや帰属を示すためにブランド表示を使用する場合は、次の条件を満たしている必要があります。
    • Google のブランド アセットと組み合わせていない。
    • 宣伝用のグラフィックや文言と組み合わせていない(表示される地域に関連するものを除く)。
    • 「スポンサー:」またはこれと同等の文言が含まれている。
  • 認定バッジや他の Google のブランド要素を 360° 画像の下端または上端(カメラに写る可能性がある屋根のグラフィックを含む)で使用しないでください。

これらのガイドラインのほか、Google が定める適切な使用のためのルールブランドに関する利用規約地理関連ツールの使用に関するガイドライン、およびその他の Google 商標の使用に関するすべてのガイドラインを遵守していることをご確認ください。

Google 広告でのビジネスの広告掲載のアイコン

Google 広告でのビジネスの広告掲載

参加者はご自身の判断で、「認定フォトグラファー プログラム」という文言を広告で使用して、Google 広告でビジネスを宣伝することができます。なお、「ストリートビュー」というブランド自体や、その他の Google ブランドを広告で使用することはできません。

Google マイビジネス プロフィールのブランド表示のアイコン

Google マイビジネス プロフィールのブランド表示

Google マイビジネス プロフィールをお持ちの場合、Google マイビジネスのポリシー、特にGoogle に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインを遵守する必要があります。

Google、Google マップ、ストリートビューなどの Google 商標(または商標に類似する要素)を Google マイビジネス プロフィールの名前に使用しないでください。

認定ステータスが付与された後は、プロフィールに認定バッジをアップロードすることができます。

注: これらのガイドラインに違反すると、プログラムでのステータスと、認定バッジなどのブランド要素を使用する権利を失う場合があります。

ページの先頭 ページの先頭のアイコン


認定画像の品質要件

画像の品質のアイコン

画像の品質

  • サイズが 7.5 メガピクセル以上(3,840×1,920 ピクセル)。
  • 画像のアスペクト比 2:1。
  • 画像の周囲に隙間がない。
  • 著しい合成エラーがない。
  • 明度の高い領域と低い領域で細部が適切に表示されている。
  • 鮮明さ: ぶれがなく、ピントが合っている。
  • まぎらわしい効果やフィルタが使用されていない。

結合のアイコン

結合

  • 結合された 360° 写真では、視線をさえぎらないようにする必要があります。
  • 屋内では 1 メートル間隔、屋外では 3 メートル間隔で撮影してください。
  • 撮影の範囲を道路まで広げると、ストリートビューに記載される可能性が高くなります。

適切さのアイコン

適切さ

  • 同意を得たうえで人物や場所を表示してください。
  • 地図上の正確な位置に配置してください。
  • コンピュータで生成した空間は使用しないでください。
  • 下端の領域以外では帰属表示を使用しないでください。
  • 差別的または違法なコンテンツは使用しないでください。

ページの先頭 ページの先頭のアイコン


禁止されている手法

不適切なコンテンツのアイコン

不適切なコンテンツ

禁止されているコンテンツ、および制限されているコンテンツについては、マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシーをご確認ください。

不適切なコンテンツを見つけた場合は、[問題を報告] リンクを使用してお知らせください。

虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張のアイコン

虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張

Google では、ストリートビュー認定フォトグラファーの顧客が、適切な情報に基づいて認定フォトグラファーとの提携に関する意思決定を下せるようにしたいと考えています。そのため、認定フォトグラファーの方には、自社、自社のサービス、サービスにかかる費用や見込まれる結果について、率直かつ誠実に説明していただく必要があります。虚偽の主張、誤解を与える主張、現実味のない主張は行わないでください。

例:

  • Google との虚偽の提携関係を標榜する。
  • Google ストリートビューや Google マップで上位に掲載されることを保証する。

嫌がらせ、脅迫、信頼性のない行為のアイコン

嫌がらせ、脅迫、信頼性のない行為

ストリートビューの顧客には、ストリートビュー認定フォトグラファーからも、Google と直接提携した場合と同じ水準のサービスが受けられるようにしてください。見込み顧客または既存顧客に対する嫌がらせ、脅迫、または信頼性のない行為に及ぶことのないようにしてください。

例:

  • 見込み顧客に繰り返し売り込み電話をかける。
  • 自身の代理店との契約に署名または継続するよう顧客に不当な圧力をかける。
  • 他者に Google 認定資格試験を代理受験させる。
  • フィッシングを行う。
  • 支払いの見返りとして Google 広告のクーポンを提供する。

ページの先頭 ページの先頭のアイコン


ポリシーについて

Google のストリートビュー認定フォトグラファー ポリシーについて理解を深めていただき、最新情報を常に把握していただくことは重要です。ポリシー違反とみなされた場合は、使用された手法を詳しく審査するために Google からご連絡し、是正をお願いする可能性があります。度重なる違反や重大な違反があった場合は、認定プログラムから除外され、顧客にその旨が通知されることもあります。また、Google マップ関連のサービスに投稿できなくなる可能性もあります。

これらのポリシーは、以下のような既存の利用規約およびポリシーとともに第三者に適用されます。

ポリシー違反に対する措置のアイコン

ポリシー違反に対する措置

遵守状況の審査: Google は、ストリートビュー認定フォトグラファー ポリシーの遵守状況について随時審査する場合があります。Google から遵守状況に関する情報提供を求められた場合は、これに速やかに応じ、ポリシーの遵守に必要な是正を行っていただく必要があります。また、Google から顧客に連絡して遵守状況を確認する可能性もあります。

違反の通知: ストリートビュー認定フォトグラファー ポリシーに違反しているとみなされた場合、通常は是正の要求が行われます。所定の期間内に要求された是正が行われなかった場合、Google では違反措置を取ることがあります。重大な違反や度重なる違反があった場合は、通知せず直ちに措置を取ることもありますのでご了承ください。

第三者プログラムの停止: Google の第三者プログラム(Google ストリートビュー認定プログラムなど)へのご参加は、ストリートビュー認定フォトグラファー ポリシーを遵守していただくことを前提としています。そのため、ポリシー違反が見つかった場合や、遵守状況の審査にご協力いただけなかった場合は、ご参加を制限または停止することがあります。

マップ アカウントの停止: 重大なポリシー違反が行われた場合は、Google マップ アカウントを停止することがあります。度重なるポリシー違反や、特に重大なポリシー違反があった場合は、Google マップ アカウントが完全に停止され、Google マップに投稿できなくなる可能性があります。また、Google から顧客にその旨が通知される可能性もあります。

違反の報告のアイコン

第三者ポリシー違反の報告

パートナー事業者がポリシーに違反している疑いがある場合は、Google までお知らせください。

ページの先頭 ページの先頭のアイコン