ストリートビュー カメラ貸し出しの申し込み

Google ストリートビュー カメラ貸し出しプログラムは、ユーザーの皆様に、世界の名所の 360° 写真を Google マップで共有してもらうためのものです。

このプログラムは、プロの写真家や旅行者のほか、観光協会、非営利団体、政府機関、大学、研究機関などの組織の関係者の方にもご利用いただけます。また、文化や歴史、観光といった観点から価値が高い場所の宣伝や、お店の内部を撮影する場合にもご利用可能です。

このプログラムでは、在庫状況や個々のユーザーのニーズに合わせ、ストリートビュー トレッカー(バックパック型撮影カメラ)か、ストリートビュー アプリ対応の 360° カメラを貸し出します。

重要事項

  • 貸し出しのお申し込みすべてに対応できない場合があることをご了承ください。貸し出し可能な方にご連絡させていただきます。
  • このプログラムは現在、一部の国でのみご利用いただけますが、利用できる国は今後追加されていく予定です。
  • お申し込みいただいても、貸し出し対象者に選ばれる保証はありません。Google が独自の裁量で、プログラムの利用者を選択します。
  • 利用者に選ばれた方には、カメラの配送方法について連絡させていただきます。
  • Google は、ストリートビュー貸し出しプログラムにお申し込みいただいた方に、カメラの貸し出し以外の資金援助や支援を行うことはできません。

Google Inc., 1600 Amphitheater Pkwy, Mountain View, CA 94043, United States


組織の代表者としてのお申し込みですか。

Google のその他のユーザー プログラムを現在利用している、または過去にご利用になったことはありますか。

貸し出されたカメラを使用する主な地域を教えてください。

カメラによっては、利用者の方が居住している国でしか使用できない場合があります。


撮影する対象と、360° 写真を使って世界に紹介したい場所、Google マップにその場所の画像をアップロードするとどのようなメリットがあるかを詳しくご記入ください。撮影する場所の魅力や、どのような画像を撮影するのか、どのような見所を撮影するのかを教えてください。

プロジェクトの規模を教えてください。 小規模な撮影対象はお店やなんらかのスポット、大規模な撮影対象はハイキング コースや高層ビル、街の中心部などとなります。

特定の期間にカメラを借りる必要がありますか。 ご要望の期間にカメラを貸し出せる保証はありませんが、可能であれば対応いたします。

主な撮影対象は屋内ですか、屋外ですか。

撮影場所で、撮影許可を取得することはできますか。 利用者の方には、どのような許可が必要かを把握し、取得していただく責任があります。一般的には、撮影場所を管理している組織から、書面による許可や法的免除、撮影許可証などを取得する必要があります。

たとえば観光客を増やすことが目的で、画像公開後の来訪者数を調べることで成果を評価するといったケースが考えられます。画像が埋め込まれたウェブページへのトラフィックを増やすことが目的で、Google アナリティクスなどのトラッキング ツールを利用して成果を測定、評価するといったケースもあるでしょう。他の目的(マスコミでの評判を上げる、寄付を増やすなど)がある場合も教えてください。

たとえば、Google とのパートナーシップや画像を、画像の撮影や公開に際して宣伝しようと考えていますか。Google Maps API と Street View API を使用した画像の表示方法のカスタマイズをご希望ですか。プレスリリースの発行や、自社ブログへの記事の投稿、主要な政策担当者との地方イベントの主催、関係者への Google とのパートナーシップ事例の公開などをしたいとお考えですか。

Google Maps API や Street View API を使用して、ご自身のウェブサイト、モバイルアプリ、その他のマーケティング資料で、撮影した 360° 写真の宣伝、共有、転用を行う予定はありますか。

Google ストリートビュー カメラ貸し出しプログラムの利用規約を読み、同意しました。

ストリートビューや関連情報についてのメール配信を希望しますか。 このメール配信は、メール内の配信解除用のリンクをクリックすることでいつでも停止できます。